はっぴい たうん にゅーす

仙台市立幸町小学校Blog

家庭科「朝食のおかずをつくろう」

 6学年になって最初の調理実習でした。グループごとにスクランブルエッグと野菜炒めの作り方を確認して,協力して活動しました。学校支援地域本部の5名のボランティアの方に,作業のこつを優しく教えていただきながら安全に取り組むことができました。
DSCN0557.jpg DSCN0558.jpg
author : 幸町小学校 | - | -

児童集会がありました。

 今日は、各種委員会の活動報告の会(児童集会)がありました。各委員会の委員長(6年生)からの連絡をしたり、質問に答えたりしました。
CIMG9885.jpgCIMG9887.jpgCIMG9881.jpg
author : 幸町小学校 | - | -

児童集会がありました。

 今日は、各種委員会からの活動報告の会(児童集会)がありました。各委員会からの連絡をしたり、質問に答えたりしました。
CIMG9881.jpgCIMG9888.jpgCIMG9885.jpg
author : 幸町小学校 | - | -

初めての調理実習

6月5日、7日に5年生になって
初めての調理実習を行いました。
献立はゆで卵です。

沸騰してから
5分、7分、10分、15分と時間を測り
4種類のゆで卵を作りました。

ゆでた卵を糸で切ってみると・・・
ゆで時間によって
黄味の状態が変わることが分かりました。

みんなはどのゆで卵が気に入ったでしょうか。


そして糸で食材を切ってみて、
断面がきれいなことにもびっくり。

食材によっては糸でも切ることができるんですね。

DSCN2170.jpg

DSCN2174.jpg

DSCN2149.jpg
author : 幸町小学校 | - | -

4年 体力・運動能力テスト

 6月5日(月)から体力・運動能力テスト週間が始まり,6月8日(木)には体育館でシャトルランを行いました。3年生の記録から大幅に伸びたことを喜んでいる児童が多く見られます。
DSCN0021.jpg
author : 幸町小学校 | - | -

糸のこドライブ

図工の時間に、電動糸のこぎりを使って
木製パズルを作成しています。
初めて使う糸のこに、最初はどきどきしていましたが、
木を切るおもしろさに今ではみんな夢中です。

やすりをかけて、形を整えて、色を塗って・・・
どんなパズルになるのかな。




CIMG2778.jpg
CIMG2777.jpg
CIMG2781.jpg
CIMG2785.jpg
author : 幸町小学校 | - | -

6月 お話朝会 心をひらく

みなさん,6月になりました。部屋の中で過ごすときにも,今日のように天気の良い日は,窓を開け放って心を開いてみましょう。
 ということで,今日は「ひらく」といく言葉と,それととても意味が似ている「あける」という言葉についてお話しします。「ひらく」という言葉は,「朝になったので,学校の門の扉をひらく」同じく,「朝になったので,学校の門の扉をあける」。「箱のふたをひらく」「ふたをあける」というように,「ひらく」は,「あける」と同じ意味で使われることがあります。
 ところが,「心をひらく」という言い方は出来ますが,「こころをあける」という言い方はしません。「ひらく」と「あける」は,いつでも同じ意味を表す言葉ではないのです。 実は,次のような言い方の使い分けがあります。
 「あける」は,何か(物によって)ふさがれているところをあける。という意味があります。〃蠅鬚△韻襦´∪覆鬚△韻襦´F擦魘けて車を通す
 「ひらく」は,互いにくっつき合っている物を動かして広い空間をつくる。という意味です。〇韻魍く 花がひらく い舛腓辰汎颪靴いな? 前途(これから行うべきてがかり)は開けた
 「あける」と「ひらく」の意味の大きな違いは,「あける」はふさがれた状態をなくすことです。電車などにのって,座っていた人が席から立つことによって,そこがあいた状態になります。それが「あける」。
 これに対して,「ひらく」は何か二つの物が互いにくっつき合っている物をこじあけるという意味があります。例えば,花びらが互いにくっつき合っている状態が離れ合って,花が咲きます。
 では,「心をひらく」というこは,どういうことでしょうか。
 私たちの心は,体の中の胸や頭の中に,互いにくっつき合うようにして入っていると考えることができます。私たちは,相手の人と互いに話し合ったり,顔の表情を見たりして,その相手の心が,ある程度は分かります。しかし,ていねいに話してもらわないと,分かりません。周りの人に自分の気持ちを出来るだけ話してみるのも大事なことです。
それを「心を開く」といいます。
 また,私たちは,いつも心を閉じていますと,新しい物の見方や,感じ方を身に付けることが出来なくなります。それは,さびしいことです。心を開いて,様々な人の話を聞き,自分を成長させてほしいと思います。心を開いて,いろんな友達と話をし,その子の話を受けとめてほしいと思います。いろんな人がいます。いろんな感じ方,考え方があります。自分と違うから,「関係ない」みんなと違うから,「あいつ変,おかしいんじゃない?」と,思うのは,あなたの心が狭い。開かれていない。心ががちがちである証拠です。
 今,季節は,寒くもなく暑くもない6月。深呼吸して体の調子を整えると共に,勇気を出して「心を開く」ようにしましょう。勇気を出して,心開き,友達に話しかけてみる。
苦手な友達でも,その人の良さを受けとめられるように,勇気を出して,少し広く心を開いてみる。
 幸町小学校のみんなには,誰にでも心を開ける,柔らかい心をもった子になってほしい。それが,校長先生の願いです。
6月のお話は,「心をひらく」覚えておいてくださいね。

kokoro.png
author : 幸町小学校 | - | -

自主研修

自主研修中です。慎重に糸を紡いでいます。みな真剣です。
etuke02.jpgetuke03.jpg
author : 幸町小学校 | - | -

絵付け体験

二日目の鶴岡市内の自主研修。絵ろうそく店を訪れた子どもたちは絵付けの体験をしました。
erousoku01.jpg
author : 幸町小学校 | - | -

羽黒山

山伏ガイドの方に案内してもらいました。
hagurosan01.jpghagurosan02.jpg
羽黒山の石段のぼり。雨も小降りですみました。全員、元気に頂上まで登り切りました。
author : 幸町小学校 | - | -