石川善助の特別展が仙台文学館で企画されています。

2024年4月27日から仙台文学館で、開館25周年記念特別展として「詩人・石川善助をたずねて」が開催されます。
大正から昭和にかけて活躍した郷土の詩人・石川善助(1901~1932)は、市立仙台商業学校時代の卒業生です。善助は「不遇の詩人」「薄幸の詩人」と評される一方で、彼の人間性や作品に共鳴した交友関係が、善助の人となりと作品を後世に語り伝える原動力となりました。今回、仙台文学館より、善助が過ごした青春時代について、校史資料の調査訪問がありました。