• 商業に関する諸分野の幅広い基礎学習の上に,専門科目の深い知識と技術を身に付け,企業の経済活動に総合的に対応できる職業人を育てます。
  • 2年生から各自の進路や興味・関心によって科目を選択できるようになっています。
  • 普通高校と商業高校の違いは,商業に関する専門科目が全体の3分の1を占めることです。また,資格取得の機会が多く,その資格を大学進学や就職にいかすことができます。実習・実技活動をともなった学習機会を多く設けていることも大きな特色です。

商業に関する専門科目

1年2年3年
ビジネス基礎
簿記
情報処理
ビジネス経済
マーケティング
財務会計Ⅰ
原価計算
ビジネス情報
ビジネス情報管理
課題研究
総合実践
経済活動と法
電子商取引
ビジネス実務
マーケティング
商品開発
ビジネス経済
財務会計Ⅱ
原価計算
プログラミング
広告と販売促進
管理会計
ビジネス情報
ビジネス情報管理

資格取得

授業での学習をとおして,各種検定試験の合格を目指します。
主として全国商業高等学校協会主催(全商)の検定試験にチャレンジします。
主な検定試験

  • 珠算・電卓
  • 簿記
  • 情報処理
  • ビジネス文書
  • 商業経済
  • 英語
  • 会計実務
  • ビジネスコミュニケーション

全商検定3種目以上1級合格者

年度3種目4種目5種目6種目7種目8種目9種目
H26853212129
H2769219111102
H28842031108
H29852861120
H308618831116
R1882974128
R210748211177

上級資格取得

  • 日本商工会議所主催 簿記検定 2・1級
  • 全国経理教育協会主催 簿記検定 上級
  • 日本商工会議所主催 販売士 3・2級
  • 経済産業省主催 基本情報技術者試験
  • 経済産業省主催 応用情報技術者試験