本文へスキップ

仙台市立仙台第二工業高等学校は平成21年度に閉校し,平成22年度から仙台市立仙台工業高等学校(定時制課程)として位置づけられました。

学校長挨拶Greetings of the principal


  「 百年の歴史,それは不撓不屈の精神から始まる!」

 校長 丹野 高雄

  ようこそ!
 仙台工業高校(定時制課程)のホームページへお越しくださいました!
 日ごろから本校の教育活動に対し、ご理解とご協力そして温かいご支援に深く感謝申し上げます。
 また、今年で、東日本大震災から10年が過ぎ、これまでに多くの皆さまから物心両面にわたる心温まるご支援をいただきました。お陰様をもちまして、現在、何事においても支障なく教育活動を展開させていただいておりまして、この場をお借りしまして 重ねて感謝申し上げます。
 さて、本校は、開校105年を迎えた歴史と伝統ある仙台市立の工業系専門高校です。地域の発展に貢献すべく、機械系を基軸とする「製造系の学科」と土木系、建築系の持続可能な社会づくりに係る「建設系の学科」の2学科を有 する定時制課程の工業系専門高校です。
 本校はスローガンである「不撓不屈(ふとうふくつ)の精神(曲がらない、屈しない)」を継承し「生徒・保護者そして地域から信頼される学校」を目指しております。
 一日のスタートは「おばんです!」の元気な挨拶から始まります。そして、授業の前の温かい給食が和やかな雰囲気の学校生活を支えています。定時制課程では、生徒一人ひとりを大切に、個に応じたきめ細かな指導のもと職業的意 識をしっかりと身に付けさせ、第一の希望進路を達成し社会へ送り出します。働きながら学ぶことの面白さと、1日4時間授業で4年間かけて卒業するという「ゆったり」した雰囲気の中で生活しています。生徒各々が自身のペースで学び、発達段階 に応じた「ものづくり教育」をとおして、人間関係力を身に付け、さらには、資格取得やものづくりコンテストに出場しています。
 これまでも、ものづくりコンテスト木材加工部門では平成29年度に県大会で優勝し、平成30年度に東北大会に出場しています。また、平成30年度宮城県溶接技術競技大会では団体・個人ともに2位、部活動においては令和元年度定時制通信制体育大会 でバドミントン部、バスケットボール部、柔道部が県大会で優勝し全国大会へ出場しております。昨年はコロナの影響で様々な大会が中止を余儀なくされましたが、今年、令和3年の定通大会ではバドミントン部、卓球部、柔道部が優勝等の好成績をあげ、全 国大会行きの切符を手にしています。また、資格試験においては、計算技術検定試験、土木施工管理技術検定2級、技能検定3級など難易度の資格を取得しています。
 最後になりましたが、これからも、ホームページを通じて、本校の教育活動の様子をタイムリーに情報発信していく予定です。どうぞ、本校に興味・関心のある方は、ご意見やご感想・ご要望をいただき、さらに、定時制高校で学ぶ生徒にエールを送って いただければ幸いです。


 令和3年7月1日
仙台市立仙台工業高等学校
校 長 丹 野 高 雄

令和3年6月15日 『新入生へ贈る言葉』(PDF)

      

← TOPページに戻る











仙台市立仙台工業高等学校
定時制課程

〒983-8543
仙台市宮城野区東宮城野3-1

TEL 022-237-5342
FAX 022-283-6478

公立高校ガイドPDF(本校掲載)

学校案内PDF(本校掲載)