触れて感じる 縄文文化
仙台市縄文の森広場は、約4000年前の大きな縄文ムラであった山田上ノ台遺跡(やまだうえのだいいせき)を保存し活用するための施設です。
当時の様子を復元した展示をごらんいただきながら、いろいろな縄文体験に挑戦できます。

縄文ワクワク体験コーナー 見出し
仙台市縄文の森広場では、さまざまな形で縄文時代の姿を体験することができます。

アクセサリーをつくる リンク




【勾玉、石のアクセサリー】13:00開始

1月27日(土曜日)
2月11日(日曜日)・18日(日曜日)
3月17日(日曜日)


土製品(どせいひん)をつくる リンク




【縄文土器】13:00開始
1月28日(日曜日)
2月4日(日曜日)・2月17日(土曜日)
3月10日(日曜日)

【土笛】13:00開始
2月12日(月曜日・祝日)・23日(金曜日・祝日)
3月16日(土曜日)






【火おこし】(申込不要。9:00~11:30・13:00~15:00まで)
毎週土曜日・日曜日・祝日

石器をつくる リンク




【石器】13:00開始 ※小学5年生以上対象。
2月10日(土曜日)
3月9日(土曜日))


編布(あんぎん)をつくる リンク




【編布コースター】13:00開始
2月3日(土曜日)
3月2日(土曜日)

○定員(予約先着順)
「アクセサリーをつくる」「土製品をつくる」は各回10組まで。
「石器をつくる」「編布をつくる」は各回5組まで。
※「石器をつくる」「編布をつくる」は小学生は保護者と参加。
※「石器をつくる」は小学5年生以上が対象。
○材料費
勾玉、土器(小)200円、
石のアクセサリー、土器(ミニ)、土笛、手形・足形、石器、編布コースター、火おこし 100円
○電話予約:022-307-5665

2月17日以降の体験申込は、2月8日9:00から受付開始です

仙台市縄文の森広場は、様々な体験活動や展示を通して、あらゆる年代の皆様と歴史を学ぶ楽しさをシェアする施設です。施設の予約は(1)、出前講座は(2)をご覧ください。 (1)グループや学校でご来館される皆さまへ
(施設利用申込書・減免申請書)
>体験活動の団体受け入れについて(PDF)
>利用学習に参加する先生方へ。
(2)出前講座を検討されている皆さまへ出前講座チラシ(PDF)
縄文の森広場のスタッフが縄文体験をお届けします。

1月の休館日
1日(月曜日)、2日(火曜日)、3日(水曜日)、4日(木曜日)、9日(火曜日)、15日(月曜日)、22日(月曜日)、25日(木曜日)、29日(月曜日)
2月の休館日
5日(月曜日)、13日(火曜日)、19日(月曜日)、22日(木曜日)、26日(月曜日)
3月の休館日
4日(月曜日)、11日(月曜日)、18日(月曜日)、21日(木曜日)、25日(月曜日)、28日(木曜日)


 


仙台市縄文の森広場の動画YouTube

ページトップ