本文へスキップ

TERAOKA ELEMENTARY SCHOOL   

            
         
 学校紹介
 本学区は,仙台市泉区(旧泉市)の北西部にある丘陵地が,泉パークタウン計画第二期工事によって宅地化されてできた。昭和57年頃は,戸数約300戸,人口約1,000人で,児童は高森小(昭和52年4月開校)へ通学していた。その後,仙台市中心部への通勤通学の便利さから住民が急増し,児童の増加に伴い,昭和60年4月,泉市立の20番目の小学校として開校した。開校当初の児童数は,654名である。昭和63年3月仙台市との合併に伴い,仙台市立寺岡小学校と改称した。平成8年度には,紫山地区が学区に編入された。校歌「カヤの木の丘」は,「青葉城恋歌」で有名なさとう宗幸氏の作詞・作曲により昭和60年11月27日に制定発表会を行った。その後,この日を開校記念日に定めた。
 本校のある泉パークタウンは,開発されて今年で46年を迎え,自然と街並みが融合している仙台市を代表する住宅地で,平成10年度には都市景観100選を受賞している。地域には大きな商業施設や仙台白百合学園,宮城大学,宮城県図書館などの文教施設も充実しており,四季折々の街並みの美しさにも定評がある。特に,本校学区の寺岡・紫山地区は,秋には街路樹や寺岡山の木々が美しく色づき,春には学区の西側に広がる美しい桜並木が見事である。
 校地内にある寺岡山は,普段から子供たちの学習の場や遊び場として活用しており,笑顔あふれる場所となっている。また,平成23年度に学校支援地域本部を開設,おやじの会やPTA活動も活発であり,地域と共に歩む学校として,日々の教育活動に力を注いでいる。

  学校の沿革
昭和60年度 4月 泉市立寺岡小学校として開校 児童数 654名
11月 校歌制定発表会(作詞・作曲 さとう宗幸氏)
昭和61年度 5月 南校舎西側部分竣工
3月 大空児童会の歌発表会
昭和62年度 3月 合併に伴い仙台市立寺岡小学校へ校名変更
昭和63年度 3月 南校舎東側部分竣工
平成3年度 6月 ピロティタイル工事完成
平成4年度 3月 あいさつ通り舗装工事完成
平成5年度 9月 観察池完成
平成6年度 11月 開校10年記念式典
平成8年度 3月 体育倉庫完成
平成10年度 4月 ことばの教室開設
平成14年度 4月 校内LAN整備完成
平成16年度 11月 開校20年記念式典
平成22年度 11月 太陽光パネル設置工事完了
平成23年度 3月 東日本大震災により体育館被災
11月 寺岡小学校学校支援地域本部設置
平成24年度 9月 体育館復旧工事(〜1月)
1月 自分づくり教育公開研究会(2年次)
平成25年度 11月 自分づくり教育公開研究会(3年次)
2月 文部科学省キャリア教育優良校表彰
平成27年度 6月 開校30周年記念 航空写真撮影
10月 開校30周年を祝う会
平成28年度 4月 仙台市特別支援教育実践研究協力校認定
2月 特別講演会「命の大切さを考える」(佐藤敏郎氏)
平成29年度 4月 平成29・30年度自主公開校認定
平成30年度 12月 自分づくり教育 研究のまとめ
令和元年度  1月 エアコン設置工事開始
令和2年度  4月 学校図書館運営モデル校認定
   2月 Chromebook 全児童数分配備

                                              てらやまん    タワ次郎     

                                        

  • facilities

TERAOKA ELEMENTARY SCHOOL仙台市立寺岡小学校
仙台市立寺岡小学校


〒981-3204
宮城県仙台市泉区寺岡2丁目14-1
TEL 022-378-7577
FAX 022-377-8402