仙台市新たな学校防災教育 本文へジャンプ
モデル校の取組

 仙台市教育委員会は,平成24年度新たな学校防災教育を推進するに当たって,市内の小中学校18校をモデル校に指定しました。
 モデル校には,5つの区ごとに1中学校,それぞれの中学校区内の2〜3の小学校を指定しました。
 各モデル校においては,小中学校・地域・家庭が連携して取り組む防災教育や防災教育のカリキュラム作成と授業実践,防災に関わる研修会や講演会など,先進的な取組が行われました。
 なお,平成25年度より,仙台市立七郷小学校は文部科学省の研究開発学校の指定を受けたことから,仙台市防災モデル校としての指定は行っていません。
    
                 各モデル校の取組状況
青葉区 : 五城中学校  東六番丁小学校  北六番丁小学校  
・太白区 : 長町中学校  長町小学校  鹿野小学校  長町南小学校
・若林区 : 七郷中学校  七郷小学校  荒浜小学校
・宮城野区: 高砂中学校  中野小学校  岡田小学校  鶴巻小学校
・泉区  : 将監中学校  将監西小学校  将監中央小学校  桂小学校