土笛・土面づくり

土笛づくり

「縄文の笛はどんな音色だったのかな?」

 粘土で土笛(つちぶえ)などを作ります(使用する粘土は250gです)。
 中空(中が空洞になっている)状態で、好きな形を作り、飾りや文様などをつければ作業は完了です。
 約1ケ月間乾燥させて野焼き(窯焼き)をしたら、完成です。

土面づくり

「縄文人の顔はどんな顔?」

 皿のようにつくった粘土に、目・鼻・口などをつけ、お面を作ります。
 縄などの道具を使って、文様をつけて作業は完了です。
 約1ケ月間乾燥させたら、野焼きをして完成です。

対象・定員 団体(1回の対応上限:100名まで)・個人
所要時間 45分~
材料費 100円【250g】(野焼き(窯焼き)代を含む)
材料 粘土

※野焼き日のご来館が難しい場合は、館側で野焼きを行いますので、その後に作品を取りに来ていただくことになります。
※手形・足形・土面づくりは季節を問わず窯焼きとなります。
※乾燥や野焼きによって、作品が破損する場合もございます。ご了承ください。
※10月中旬~2月末に製作していただいた作品は窯焼きになります。
粘土でつくる体験作品のお渡しについて

作品参考例

土笛づくり


作品例
(上の写真は、窯で焼いたものです)

土面づくり


作品例
(上の写真は、窯で焼いたものです)

「土製品(どせいひん)をつくる」その他体験

手形・足形づくり
土偶づくり
縄文土器(じょうもんどき)づくり

ページトップ