4年生のみなさんへ

【4−1 盒供〕Φぁ
 先生たちからのメッセージは無事に届いているでしょうか?メッセージの中に「今は力をためるときです」と書きました。力をためるためには,チャレンジがかかせません。しかも,「今の自分には少しむずかしいな…」と感じることにチャレンジする必要があります。言いかえれば自分の苦手と向き合うということです。苦手なことにチャレンジし,それを乗りこえようとしたとき,人は成長し,力をためることができると先生は考えています。(これまでの人生をふりかえると,そういうことが多かったです。)
 幸か不幸か自分と向き合える時間ができました。「チャレンジ表」も活用しながら,みなさんも力をためてみてください。すてきなみなさんに会える日を心待ちにしております。

【4−2 木村 悦子】
 みなさん,どんなふうにすごしているでしょうか。いろいろなことがせいげんされて,楽しみにしていたことが中止になったり,会いたい人に会えなくなったり,先生もざんねんなことがたくさんありました。でも,長期の休みになったことで,体調をしっかりかん理するようになったり,遠くに住んでいる友だちとテレビ電話でれんらくを取り合うようになったり,もっと勉強したいなと思っていたことをくわしく調べることができたりして,えることもあるのだなと今は考えています。がまんの時ですが,いろいろな場面で一生けん命つくしてくださっている方々に感しゃしながら,今できることを大切にしていきましょう!みなさんの元気な登校をまっています!

【4−3 二瓶 礼】
 みなさん,今日はどのような目標を立てましたか。「4年生の教科書を読む」「3年生で習った漢字を練習する」「リフティングの練習をする」…たくさんのことに取り組めるチャンスですね。私から一つ,おすすめのチャレンジをしょうかいします。それは「家族がよろこんでくれることをする」ということです。皿洗いを手伝ったり,妹や弟がよろこぶ遊びをいっしょにしたり,遠くに住んでいるおじいちゃんやおばあちゃんに電話をしたり…他にもたくさんありますね。だれかがよろこんでくれる顔を見ると,自分の気持ちがぐっと明るくなりますよ。明るい気持ちになると自然と笑顔が出ます。あなたの笑顔は周りの人のことも幸せにします。学校が始まった時,笑顔あふれるみなさんに会えるのをとても楽しみにしています。私もチャレンジします!何にチャレンジしたかは始業式でのお楽しみ!!
- | - | -