高等部 センター実習を行いました

j1.jpg
j2.jpg
9月19日(水)〜20日(木)の2日間,センター実習を行いました。前期は鶴ヶ谷市民センターで実施しましたが,今回は仙台市教育センターをお借りしました。普段と違う場所での作業でしたが,どの班の生徒も,落ち着いて自分の仕事に取り組む様子が見られました。
高等部 | - | -

宿泊学習 1・2年生

中宿泊1[1].jpg
中宿泊2[1].jpg
 9月18日,19日の2日間,中学部1,2年生が泉ヶ岳に宿泊学習に行ってきました。コースごとに分かれて登山や散策をしたり,キャンプファイヤーで盛り上がったりすることができました。
 2日間とも晴天に恵まれ,自然に親しみながら,楽しい思い出をたくさん作ってくることができました。
中学部 | - | -

教材教具の紹介

s1.jpg
s2.jpg
\濯ばさみで手の緻巧性を高める
洗濯ばさみにシールを貼って番号が書いてあります。また,板にも同じシールを貼って番号が書いてあります。さらに,目印として黒いラインが書いてあり,それが隠れるように洗濯ばさみで挟めるようになっています。洗濯ばさみを取る,番号は関係なく洗濯ばさみを挟む,また番号を照らし合わせて挟むなど,発達段階に応じて手の緻巧性を高めることができます。


△絵かきマシーン
スイッチを押すと振動する装置の下にカラフルなペンを取り付け,可愛いうさぎのぬいぐるみを上に飾りました。ペンを握らなくても,スイッチを押すだけで振動し絵や模様が描けます。スイッチの部分は,押すタイプのものや360度回るレバーのようなものなど,子供の実態に応じて付け替えることで,使用の幅が広がります。
支援部 | - | -

オープン病院と協定を結びました

IMG_0395[1].jpg
本日9月21日(金)、仙台市医療センター仙台オープン病院と鶴谷特別支援学校による「医療協力に関する協定」を締結することができました。このことにより、本校児童生徒に病状の急変が生じた場合に、学校から病院へ連絡を取ることで、適切な対応に努めていただけることとなりました。締結に際しご尽力いただきましたオープン病院の土屋院長先生はじめ、関係する病院の皆様、仙台市教育委員会に感謝いたします。(学校長)
校長室から | - | -

ひまわり集会

DSC05061[1][1].jpgDSC05102[1][1].jpgDSC05106[1][1].jpg
小・中・高の縦割り活動です。6グループに分かれ、薄いブルーシートをみんなで動かし、風を感じます。シートが膨らむと波のようなうねりが起き、風圧が心地よい、そんな感覚を体感できました。次回10月30日は、地域の方々や放課後デイの方々にも参加を呼びかけ、みんなで楽しみたいと思っています。
校長室から | - | -

後期産業現場等実習壮行会

ko11.png
ko22.png
 8月31日(金),後期産業現場等実習壮行会が行われました。実習に向けた目標を皆の前で発表し,高等部主事より各学年代表生徒に名札の授与が行われました。校内実習,個人実習,仙台市教育センター実習を9月3日(月)〜9月21日(金)の後期産業現場等実習期間の中で行います。それぞれの目標達成に向けて頑張ります!
高等部 | - | -

今年度のホットネット講座が終了しました!

5.jpg
6.jpg
講座─崑感噺紊凌箆〜鶴特バージョン〜」
講師:本校進路指導部長 嶺岸さゆり
・高等部卒業後の進路について,本校における就労の実態等を踏まえながら,就労形態や就労先など具体的にお話いただきました。また,現場実習の様子を映像で見ました。

講座「実技研修会(木工)」
講師:本校職員 石川尚志
・今年は,参加者の希望に合わせて,書見台かパソコンラックを制作しました。電動のこぎりや,やすり等を駆使しながら,思い思いに納得がいくまで制作していました。

講座「支援が必要な児童生徒への教材教具の工夫」
講師:本校教諭 白澤利広
・子供ができる状況・環境をつくるための教材教具の工夫についてお話いただきました。筆記具の工夫や,簡単に楽器を鳴らすための工夫など,すぐに実践に活かせる教材を紹介していただきました。
支援部 | - | -

今年度のホットネット講座が終了しました!

3.jpg
4.jpg
講座ァ崙段婿抉膤惺擦汎段婿抉膤惶蕁舛修譴召譴領匹気魄き出すポイントは?〜」
講師:本校主幹教諭 太田博
・ご本人の経験から,支援学級と支援学校のそれぞれの良いところについて分かりやすく説明していただきました。

講座Α屮▲札好瓮鵐箸鮗汰に活かそう〜WISC―犬陵解と活用」
講師:本校スクールカウンセラー 
・WISC―犬慮〆嵯覯未瞭匹濕茲衒や,日常の指導への活かし方など具体的にお話いただきました。後半は,児童の実態や指導方法についての情報交換を行いました。

講座А嵌達障害の理解と支援」
講師:本校教頭 先崎 智
・障害の特性を踏まえながら,子供の困り感をどう捉えるか,どう寄り添い支援していくかについて,具体的事例を通してお話いただきました。また,参考文献をたくさん紹介していただきました。
支援部 | - | -

今年度のホットネット講座が終了しました。

1.jpg
2.jpg
今年度のホットネット講座が終了しました!
8月1日〜3日まで,教職員対象のホットネット講座を行いました。
たくさんのご参加,ありがとうございました。

講座 屮ウンセリング・マインドとは?」
講師:本校教諭 鵜沼朋子
・保護者や子供とかかわる上で大切な「相手の心に寄り添う気持ちの持ち方」について,教育相談の実践を踏まえて,詳しくお話していただきました。

講座◆崕妬クラスで行っている自立活動の実践例」
講師:本校教諭 石川由美子
・REMACやふれあい体操を実際にやり合うことで,動きや力加減について新しい気付きがたくさんあり,参加者からは「気持ちいいね。」などの声が聞かれました。

講座「姿勢や動きに課題がある児童生徒への支援〜楽しく動いていくために〜」
講師:本校理学療法士 蔦森美恵
・教育現場でのリハビリテーションの考え方や指導の方向性についてのお話がありました。感覚統合療法では,遊びを中心に,子供がやってみようと思える活動を設定することが大切というお話がありました。

講座ぁ嵜討竜せちVS担任の気持ち」
講師:(親として)柴田和子さん
   (担任として)本校校長 杉肇子
・小学校時代のエピソードを振り返りながら,「あの時は,こんな風に思っていました。」など,それぞれの立場で語っていただきました。また,現在成人になった今のお子さんの様子等も聞かせていただきました。
支援部 | - | -

高等部体験実習

高等部体験実習 (1)[1].jpg
高等部体験実習 (2)[1].jpg
9月4日,5日の2日間に渡って,中学部3年生が高等部体験実習に行ってきました。毎年,この時期に行っているものですが,今年度は,作業学習だけでなく,より高等部の生活の流れが分かるようにと,朝の会から参加しました。
どの場面も緊張の連続でしたが,先輩方の作業に向き合う姿を見て,自分たちの高校生像を少しイメージすることができました。
中学部 | - | -