教材教具の紹介〜高等部音楽〜

10月.png10月.JPG

今回は,高等部の音楽で使用している教材の紹介をします。

【教材名】
ドレミパイプと演奏支援動画

【教材について】
ドレミパイプ(ブームワッカーとも呼ばれます)は筒状の打楽器で,手に持ってひざや床などをたたいて鳴らします。
一音ずつ分かれているので,ハンドベルのように複数人で協力してメロディーや伴奏などを演奏することができます。

作成した演奏支援動画では,曲のメロディーや伴奏を鳴らすタイミングが見て分かるように,音のマークが落ちてくるようになっています。(今回取り組んだのは「きらきらぼし」でした。)
音のマークは,鳴らす楽器の色と対応させて,より分かりやすくしました。
画面の下側には教師の手本も映るので,そちらを見ながらでも演奏できます。
生徒が自分で鳴らすタイミングを理解するために有効な教材です。
支援部 | - | -