仙台市立住吉台小学校Blog

ようこそ住吉台小学校Blogへ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ありがとうございました

2017.09.29 Friday | 校長室

4年生の子どもたちが準備した須藤美枝子先生とのお別れ会が
3・4校時に行われました。

大好きな大好きな須藤先生とのお別れは
どの子にとっても辛く悲しいこと。

プログラムにあった出し物では,ダンスや演奏,手品など
みんなで楽しく過ごせたのですが
子どもたちの笑顔が,あまりにも素敵だったので
逆に,胸が痛みました。

子どもたちからは,心を込めたメッセージとプレゼントが
須藤先生に贈られました。

最後に須藤先生からお話をいただいたのですが
もう先ほどまでの笑顔は,誰一人としてありません。

「たくさんの素敵な思い出をありがとう。
 人は,出会いと別れを通して成長していくのです。
 先生も新しい学校で頑張りますから
 皆さんも,もっともっと成長できるよう
 頑張ってくださいね」
というメッセージは,子どもたちの心に
深く届いたはずです。

須藤先生,1年半という短い期間でしたが
ありがとうございました。
これからも,お元気でご活躍ください。

いつでもまた,顔を見せに来てくださいね。
そして,子どもたちを励ましてあげてください。

本当に本当に,ありがとうございました。image1.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPGimage5.JPGimage6.JPGimage7.JPGimage8.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

迫力満点

2017.09.28 Thursday | 校長室

勇ましい太鼓の音が,体育館いっぱいに響き渡ります。

4年生が,学芸会で披露する太鼓の練習を見せてもらいました。
菊池先生は
「まだ途中の段階ですが・・・」
と話してくれましたが,いやいや,なかなかのものです。

細かい拍子の違いや繰り返しなどを,
身体で覚えている子どもたち。

演じる子が,
次々と入れ替わる様は,必見です!

これからさらに練習を重ね,全員の呼吸がぴたっと合えば
大きな感動を呼ぶことは間違いありません。
楽しみです!
image1.JPGimage2.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

わくわくタイム

2017.09.27 Wednesday | 校長室

今日は,「住吉だいっ子」の皆さんが開いてくれている「わくわくタイム」の日。
いつものように,1・2年生の子どもたちが,図書室に集合しました。

工作です。
作り方の説明を聞く,子どもたちの心の中はきっと・・・
「早く作りたい!」
と,叫んでいるのかな?と思える顔,顔,顔。

作っているのは,「チェーリング輪投げ」。
子どもでも,製作時間は5分ほどでしょうか。
簡単にできて,しかも楽しく遊べる!

これで,子どもたちが,ワクワクしないわけがありませんよね。

「住吉だいっ子」の皆さんは,毎回の「遊び」のために,事前の準備を怠りません。
工作であれば,実際に作ってみて
「難しくはないか?」
「どこを工夫したら,もっと楽しくなる?」
などと,話合いを重ねています。

遊ばせ方だって,子どもたちが飽きないように,アイディアを出し合います。

こうして生まれる毎回のわくわくに,子どもたちはもう釘付け!!

本当に幸せな子どもたちだなあ・・・
と,思わずにはいられません。

間違いなくここには,子どもたちの居場所があります。
しかも,わくわくできる居場所が。

感謝の言葉しかありません。
ありがとうございます。image4.JPGimage1.JPGimage2.JPGimage3.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

思い込み

2017.09.22 Friday | 校長室

「人は誰しも事が起きたとき,それを自分なりに解釈し,意味を見い出す」

以前使っていた備忘録にあったメモです。
ふと,目に留まりました。

出来事もそうですが,人に対する評価も同じですよね。

同じ出来事や同じ人物を見ているはずなのに,見る人の解釈(感じ方)が全て同じになることは,ありえません。

だからこそ,思い込みには気をつけなければならないのです。

これは,自分自身に対する見方も同じ。

「どうせ自分は,○○だから・・・」
「自分は,○○が苦手(嫌い)・・・」

例えば,こんな思い込みがあると,そうではないという出来事や言葉を目にしても,なかなか受け入れられません。

その思い込みの多くは,周りの人からの言葉や行動から形成されます。

子どもたちだって同じです。
いや,子どもだからこそ,思い込みの影響は大きいのかもしれませんよね。

子どもたち一人一人に備わっている力や可能性は,計り知れません。
それを伸ばすもつぶすも,私たち大人の責任。

子どもたちが日々見せる様々な表情を,敏感に感じ取れる大人でありたい・・・。

これは,自分への戒めの言葉です。
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

親子清掃

2017.09.20 Wednesday | 校長室

1年生の学年PTA行事が,本日行われました。

いつもは自分たちで掃除をしている場所を,今日はおうちの人と一緒にできるとあって,子どもたちは大張り切り!

「よろしくお願いします!」
という声が,校長室まで届いたくらいです。

普段,子どもたちだけでは,なかなか手の届かない場所も,あっという間にきれいになりました。

ご協力いただきました保護者の皆様。

ありがとうございました!親子清掃 縮小.jpg
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

夏祭り

2017.09.19 Tuesday | コンパス住吉台

夏祭りの記事です。クリックしてご覧ください。
20170919natumaturi.pdf
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

コンパス住吉台NO.3

2017.09.19 Tuesday | コンパス住吉台

コンパス住吉台NO.3の記事です。クリックしてご覧ください。20170919NO3.pdf
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

負けても・・・

2017.09.19 Tuesday | 校長室

「負けても悔しくなかった」

この感情が,「勝って当然の立場」であるにも関わらず,負けた直後に思ったこと・・・。
私は一瞬,自分の耳を疑いました。

先週行われた「自分づくり夢教室」で,ゲストの新崎 人生さんが語った言葉です。

高校から始めたレスリング競技で,新崎さんは,めきめき頭角を現し,全国3位という輝かしい成績を残しました。

高校三年,選手生活ラストの年。
新崎さんによれば,自分の力を過信し,練習を適当にさぼるようになったそうです。

その結果が,格下相手にまさかの敗戦。
そこには悔しさはなく「あ〜,これで練習から解放される」という気持ちでした。

しかし,時が経つにつれ
「なぜ,あの時もっとちゃんと練習をしなかったのか・・・」
という後悔の念でいっぱになったそうです。

新崎さんは,そんなご自分の経験をもとに,子どもたちへ向かって

さぼることや自分へ嘘をつくことは,
その時はよくても必ず後悔する。
頑張ることや一生懸命は
決してかっこ悪いことではない。
だから,苦しくても辛くても
自分の夢に向かって
あきらめずに進んでいってほしい。

というメッセージをプレゼントしてくれました。

実体験から出る言葉には,重みがあります。
子どもたちの真剣なまなざしが印象に残った,そんな時間でした。

新崎 人生さん,お忙しい中,貴重なお話をありがとうございました。image1.JPGimage2.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

経験というドラマ

2017.09.15 Friday | 校長室

 市内の36校,2672名の6年生が一堂に会して行われた「第3・5地区陸上記録会」。

 暑さの中,子どもたちはまさに,自分と闘っていました。
 自分と同じ6年生が競技をしたり応援をしたりする姿に接して,いったいどんなことを感じ,思ったのでしょうか。

 きっと,今その子に最も必要なことを感じ,思ったに違いないと,私は信じています。

 昨日一日の中で,私は様々な子どもたちの表情に出会いました。

 はち切れんばかりの笑顔。
 悔しさにじっと耐えている顔。
 仲間に届け!と,大声で声援を送る必死の顔。などなど・・・。

 その中でも,特に印象的だったのは,50蛋に出た子どもたちの姿です。

「やったあ〜,記録伸びた〜〜〜!」
と,私の前で跳びはねていたのは,ある学校の男の子。

 よほど嬉しかったのでしょうね。その後何度も
「やったあ〜,わ〜い!」
と,叫んでいましたから。

 このような姿を目にすると,うるっときてしまいます。  
 今年から加わった新種目。選手ではない子どもたちが挑戦した競技です。

 走るのがあまり得意ではない,もしかしたら好きではないと感じているかもしれない子どもたち。
 その子たちが,選手と同じトラックに立ち,正式にタイムを計ってもらいました。

 昨年までなら,絶対にあり得ない経験です。

 6年生全員が,競技に参加できるようになった陸上記録会。

 来年度も,いろいろなドラマが生まれることでしょう。
 楽しみでなりません。image1.JPGimage2.JPGimage3.JPGimage4.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

壮行会

2017.09.12 Tuesday | 校長室

6年生が参加する陸上記録会が,明後日に迫りました。

大会を前に,5年生をリーダーとする応援の声が体育館いっぱいに響き渡った壮行会。

4年生までの子どもたちも立派だったのですが,5年生の姿に私は大きな感動を覚えました。

学校のリーダーとなる自覚が確実に芽生えているのです。

もしかしたら,直前に行われた野外活動の体験も大きかったのかもしれませんね。

彼らの今後の活躍が,ますます楽しみになってきました!

主役の6年生も,下級生の応援に応えるべくしっかりとした姿を見せてくれました。

今のところ,天気の心配はないようです。

学校の代表として,精一杯力を発揮してほしいと思っています。image1.JPGimage2.JPGimage3.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -