仙台市立住吉台小学校Blog

ようこそ住吉台小学校Blogへ
<< February 2024 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

わくわくタイム ゲーム大会

2024.02.07 Wednesday | 校長室

 2月7日(水)にわくわくタイムがあり,ゲーム大会が行われました。
 いつもは学年ごとに希望者の中から抽選し人数制限をして行っていましたが,今回はこれが今年度最後のわくわくタイムということで,にじいろルームの他にオープンスペースも使い,各学年ごとに希望者全員が参加できる形で行ってくださいました。
 子ども教室「住吉だいっ子」の皆さんが,的入れや割り箸落とし,大型めんこの早裏返し,黒ひげ危機一発,じゃんけん,牛乳パックを切った輪を高く積み上げるゲームなどを用意してくださり,それぞれクリアか失敗かが決まります。もちろん何回でも挑戦できます。そしてゲームすべてをクリアすると,なんとガチャガチャを回すことができるのです。子供たちは,たくさんのゲームを満喫していました。そしてガチャガチャの中に入っているスーパーボールをゲットして大変うれしそうでした。
 子供たちを楽しませるために,一生懸命準備してくださった住吉だいっ子の皆様,一年間本当にありがとうございました。

IMG_8205.JPGIMG_8206.JPGIMG_8210.JPGIMG_8211.JPGIMG_8213.JPGIMG_8215.JPGIMG_8216.JPGIMG_8217.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

3年 アイ ラブ 住吉台

2024.02.05 Monday | 校長室

 2月5日(月),3年生の「アイ ラブ 住吉台」が行われました。3年生は総合的な学習の時間「輝け!みんなのふるさと住吉台」の学習で,地域のことを学んでいます。
 今回は,日頃からお世話をいただいている,地域の様々な団体やボランティアの方々に学校にお越しいただきました。子供たちが,その方々に活動に対する思いをうかがったり,学習を進める中で感じた疑問について質問したりして,地域について学習を深める内容となっています。
 子供たちのために,お集まりいただいたのは,防犯ボランティア巡視員,オオムラサキ会,町内会,住吉だいっ子,読み聞かせボランティア,りんごの木文庫,カブトムシボランティア,コンパス住吉台の方々です。
 オープンスペースで一斉に挨拶した後は,お越しいただいた方に4つの教室に分かれていただき,子供たちも調べたい内容ごとのグループに分かれて,お話をうかがったり,質問したりしました。
 子供たちは質問をたくさん用意していて,いろいろなことを聞きたいと目を輝かせていました。地域の方々は,様々な質問に対して,子どもたちに分かりやすく,親切に教えてくださいました。子どもたちからの「どうしてその活動をしているのですか。」という質問に対して,「子どもたちが笑顔になるのがうれしいから」とか「子どもたちは地域の宝だから」といったあたたかい言葉を掛けてくださっていました。地域の多くの方々が,子どもたちを支えてくださっていることに改めて感謝の思いを強く持ちました。
 ご多用の中を,子供たちのために,優しく笑顔で教えてくださりありがとうございました。

IMG_8178.JPGIMG_8190.JPGIMG_8191.JPGIMG_8193.JPGIMG_8194.JPGIMG_8195.JPGIMG_8200.JPGIMG_8202.JPGIMG_8198.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

5年 放送局で使うスピーカー

2024.01.29 Monday | 校長室

 1月29日(月),5年生に理科の特別授業がありました。「放送局で使うスピーカー」と題した電磁石の学習です。講師は,ラジオ局のアナウンサーで防災士でもあるMCラボの阿部清人さんです。
 まず始めに,ギター用アンプを子どもたちに持ってもらい,何kgあるか予想させました。様々な回答が出ましたが,答えは13kg。こんなにも重いのは,何が入っているからだろうと子どもたちに疑問を投げかけました。
 次に,小型ラジオのスピーカにクリップをつけると引きつけられることから,スピーカーには磁石が使われていることに気付かせました。実際に分解した物には確かに磁石が使われています。
 そこで今回は,電磁石の仕組みを利用したスピーカーづくりに取り組みました。まず,子供たちは乾電池にエナメル線を巻き付けてコイルを作ります。次にエナメル線の両端を紙やすりで削り,紙コップの底に貼り付けて磁石を入れて完成です。
 完成した子から,手作りスピーカーをアンプにつなぎ,音が鳴ることを体験ました。自分で作ったスピーカーから音が聞こえて,子供たちはとてもうれしそうでした。
 学習の導入として興味を持つ実験を行うことにより,子どもたちは,「どうして音を鳴らすことができるのだろう」とか「どうすれば強い電磁石を作れるのだろう」など,新たな疑問を持ち,学びを深めることにつながります。
 阿部様,子供たちに分かりやすく教えてくださりありがとうございました。

IMG_8146.JPGIMG_8148.JPGIMG_8153.JPGIMG_8156.JPGIMG_8158.JPGIMG_8159.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

1年 泉の杜幼稚園との交流

2024.01.23 Tuesday | 校長室

 1月23日(火),泉の杜幼稚園の年長さんたち28名が,1年生と交流しました。
幼稚園の皆さんは,もうすく1年生ということで,小学校がどんなところか見学に来たのです。
 学校を紹介したのは,1年生です。園児の皆さんが1年生の教室に入ると,子供たちは大喜び。園児の皆さんのために,きれいに鍵盤ハーニカで演奏したり,元気いっぱいの歌声を聞かせたりしました。
 それから,園児の皆さんの名前を聞いて,紙に大きく名前を書いたり,一緒にお絵かきをしたりしました。クロームブックの使い方も教えていました。お兄さんお姉さんらしく,とても優しく親切に,そしてとてもうれしそうに教えていました。
 最後に,ランドセルを背負ってもらって,手をつないで南校舎の1階を回り,図書室や職員室や校長室,配膳室などを案内しました。園児の皆さんも,きちんと話を聴いていてとても立派でした。
 1年生たちは,もうすぐ2年生になって,新しい1年生にいろんなことを優しく教えてくれるのでないかと思います。とてもあたたかな交流でした。
 今日来校した園児の皆さんのうち,7名の皆さんが住吉台小学校に入学するとのことでした。

IMG_8111.JPGIMG_8116.JPGIMG_8123.JPGIMG_8130.JPGIMG_8119.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

6年 卒業を祝う餅つき会

2024.01.19 Friday | 校長室

 1月19日(金)6年生のために「卒業を祝う餅つき会」が校庭で行われました。晴れて風もほとんどなく,暖かい日差しを受けながら行うことができました。コロナ禍の間は,餅花作りを行っていましたが,今年は4年ぶりに食べることができる餅つき会を開催することができました。
 この日のために,PTA本部役員の皆様は昨年から準備を進めてくださいました。萱場の皆様,地域の皆様は杵や臼などの道具やミズキを準備したり,かまどを修理したりしてくださいました。昨日から,そして本日も朝早くからPTAの皆様や保護者の皆様,地域の皆様,コンパス住吉台の皆様がたくさん集まって,餅つき会の準備をしてくださいました。
 学校にある2つのかまどに薪で火をおこし,大きな羽釜を載せて,餅米を蒸します。そして蒸した米を臼に移し,体重をかけて杵でぐいぐいと潰していきます。餅米全体を均一に潰すことができたあとに,餅つきを行います。
 6年生全員が臼のまわりに集まり,一人5回ずつ,餅つき体験を行いました。PTAや地域の方があいどりをしてくださり,餅ができあがりました。
 餅つきが終わった子から餅を食べることができます。どんぶりとフォークをたくさん用意し,PTAや保護者の皆様がつきたての餅を使って,きなこ餅,あんこ餅,醤油味に刻みのりをかけた磯辺餅の3種類作ってくださいました。
 私もいただきましたが,お餅がとても柔らかく,どの味もとてもおいしいです。何回おかわりしてもよいということで,子どもたちはたくさんお餅を食べました。一つのどんぶりにちぎった餅が3〜4こ入っているのですが,7〜8回おかわりした子がたくさんおり,中には20回おかわりしたという子もいて驚きました。
 閉会式では,代表の子どもが「餅をつくとき杵が重かったです。餅は甘くておいしかったです。今日は貴重な体験ができました。ありがとうございました。」と感想を述べていました。
 子どもたちは,たくさんの地域の皆様やPTAの皆様,保護者の皆様にあたたかくかかわっていただいていることに,改めて感謝の気持ちを抱いたのではないかと思います。
 心が温まる大変すばらしい餅つき会でした。お世話をいただいた皆様,大変ありがとうございました。
 なお,5年生が育てた稲の餅米も使われているので,5年生にも磯辺餅を試食してもらいました。


IMG_8051.JPGIMG_8055.JPGIMG_8057.JPGIMG_8062.JPGIMG_8067.JPGIMG_8074.JPGIMG_8086.JPGIMG_8089.JPGIMG_8101.JPGIMG_8102.JPGIMG_8105.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

6年 「先輩に学ぶ」卒業を祝う餅つき会のお話

2024.01.18 Thursday | 校長室

 1月18日(木)に6年生の「先輩に学ぶ」の授業がありました。講師は,住吉台子ども教室「住吉だいっ子」代表の反田恵美子さんです。住吉だい鼓や読み聞かせ,わくわくタイムなどでお世話をいただいています。
 今回は,「卒業を祝う餅つき会」のことについて話をしてくださいました。
 住吉台小学校での「餅つき会」は小学校が開校した次の年,平成元年の「6年生を送る会」の時にPTAでもお祝いをしようということで始まったのだそうです。住吉台小学校ができる前は,根白石小学校に通っていて,自然豊かな泉ヶ岳と見渡す限りの田んぼを見ながら学校に通っていたそうです。田んぼでは,苗作り・代掻き・田植え・稲刈り・脱穀・精米して米が作られていて,お祝い事があるときは餅をついて振る舞っていたという,そんな日本の風情を体験してもらいたいという思いがあったそうです。明日の「卒業を祝う餅つき会」が35回目ということです。
 この餅つき会のために,PTA本部役員さんが昨年から計画を立てて,準備をして,さらに萱場の皆さん,先生方,お母さん,お父さん方,地域の方々が皆で協力して明日の餅つき会を行って卒業を祝ってくださるのだとお話ししてくださいました。 反田さんの「地域の人間としては,配っているのはお餅じゃなくて私たちの心なのよっていうつもりなの。」という言葉に,地域ぐるみでたくさんの人が学校や子どもたちとかかわって子どもたちを育てているのだというあたたかい心を感じました。
 最後に,反田さんは子どもたちに,「皆さんは,家族の宝物です。地域にとっても宝物です。夢を持って羽ばたいてほしい。そして,地域の人にやってもらってよかったなと思ったことがあったら,次の世代につなげていってほしい。」とおっしゃっていました。
 「地域とともに子どもを育てていく」ことが,学校の最大の特色ある力であることを改めて感じることができました。貴重なお話をいただきありがとうございました。


IMG_8047.JPGIMG_8048.JPGIMG_8049.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

雪遊び

2024.01.16 Tuesday | 校長室

 1月16日(火)に,今年一番の積雪がありました。校庭は白一面です。子供たちは大喜び。業間の休み時間には,たくさんの子どもたちが校庭に出て雪遊びを楽しんでいました。

IMG_8027.JPGIMG_8018.JPGIMG_8021.JPGIMG_8022.JPGIMG_8024.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

けやき学級 パッチワーク

2024.01.16 Tuesday | 校長室

 1月16日(火),けやき学級の皆さんが,新しい掲示物の作品を作ってくれました。大きな葉の上に紙を重ね,クーピーでこすって,葉の形が浮き出るように色づけをして,きれいにはさみで切り抜いた作品です。よく見ると,葉脈までしっかり写されていて,きれいです。様々な色の台紙に貼り付けたものを並べてパッチワークとしました。タイトルは「葉°ッチワーク」です。
 けやき学級から校長室に向かう途中の廊下の掲示板に展示されていますので,学校にお寄りの際は,ぜひ御覧ください。


IMG_7998.JPGIMG_7994.JPG
続きを読む>>
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

3年 方言かるた

2024.01.10 Wednesday | 校長室

 1月10日(水),3年生が地域の方言についてお話をうかがったり,方言かるたを楽しんだりする学習を行いました。講師は,3年生が住吉神社を見学したときに,住吉神社の成り立ちや敷地内にあるものについて教えてくださった早坂廣輝様です。
 はじめに,早坂さんは,住まわれている西田中で昔から使われている方言についてお話をしてくださいました。子どもたちは予め,早坂さんが作られた「この里に残っているふるさとことば・・方言にふれてみよう」という方言の意味調べのプリントを家に持ち帰っていて,家族に聞いたりしながら調べていたのでした。早坂さんがプリントに書いてある問題を尋ねると,たくさんの子どもたちが手をあげて発表していました。よく調べていて,ほとんどが正解でした。
 次に,グループに分かれて方言かるた取りを行いました。使用したのは,根白石小学校社会学級と早坂さんとで制作された「いずみかむりの里 方言かるた」です。写真にあるとおり,版画で作られたとても味わいのある取り札と,早坂さん直筆の読み札のセットです。早坂さんが,方言の意味を教えながら,読み札を読んでくださり,子共たちがかるた取りを行いました。
 子供たちは,歓声を上げながら,夢中になってかるたとりを行っていました。手が重なったときには,じゃんけんをして決めたり,譲り合ったりしていて真剣に取り組みながら,和やかなあたたかい雰囲気の中で,とても楽しいひとときを味わうことができました。今日の授業をきっかけに,子供たちは方言に興味を持ったことと思います。早坂様,大変お世話をいただき,ありがとうございました。



IMG_7972.JPGIMG_7975.JPGIMG_7980.JPGIMG_7982.JPGIMG_7985.JPGIMG_7986.JPG泉里山ことば番付_1.jpg方言かるた あ 両面.jpg
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -

5年 縄ない体験

2023.12.19 Tuesday | 校長室

 12月19(火)5年生が縄ない体験を行いました。稲わらの縄ないをしてお正月飾りを作ります。講師は学校支援地域本部「コンパス」の皆さんです。
 まずは,輪になって,コンパスさんにしめ飾りの作り方を見せてもらいました。わらを水で湿らせて,タオルの上からたたいて柔らかくし,わら束の片方を麻ひもで縛り,もう片方を3つの束に分けて三つ編みをしていきます。ふだん使う縄は右へねじる「右綯い」(みぎない)ですが,神様に捧ぐお正月のしめ縄は特別なものなので,左へねじる「左綯い」(ひだりない)で行うそうです。コンパスさんは,大変手際よく,ここが大事という留意点を詳しく分かりやすく教えてくださいました。
 さて,今度は子供たちが作る番です。一人一人,わら束をもらい,コンパスさんに個別に優しく教えていただきながら,作り始めました。説明をしっかり聞いていたせいか,中には自分の力で次々と正確に縄ないをできる子もいて驚きました。始めは時間がかかった子もコツをつかむととても上手に縄をなうことができるようになりました。最後に三つ編みした縄の端をもう一方の編み目に通して円形にし,飛び出たわらをはさみで切り取って完成です。
 それから,教室に戻って縄に飾りを付けてお正月飾りにしました。5年生が奥山さんにお世話をいただきながら田植えや稲刈りをした稲わらで,祈りを込めて作ったオリジナルのお正月飾りはきっと大きな御利益があることでしょう。 
 たくさんの材料を用意し,一人一人に親切に教えてくださったコンパスの皆さん,ありがとうございました。

IMG_7924.JPGIMG_7934.JPGIMG_7942.JPG
IMG_7948.JPGIMG_7952.JPGIMG_7964.JPGIMG_7966.JPG

これは,コンパスさんが作ってくださった見本です。これを参考に一人一人がオリジナルのしめ飾りを作りました。
IMG_7927.JPG
author : 仙台市立住吉台小学校 | - | -