仙台市立六郷小学校Blog

仙台市立六郷小学校のBlogです。学校の近況をお知らせしています。

夏季学習会・個別面談・図書室利用

夏休みに入りました。

保護者個別面談が行われています。

学校での様子や児童の頑張りをお伝えしています。

児童のいいところをたくさん見つけて褒めていきたいです。

IMG_3864.jpg

また,夏季学習会が行われました。

六郷中学校から中学生ボランティアさんが教えに来てくれました。

地域のボランティアさんも丸付けを手伝ってくれていました。

クラーの効いた部屋で集中して学習に取り組んでいました。

来週の25日26日27日も開催されます。

IMG_2774.jpg
IMG_2777.jpg
IMG_2780.jpg
IMG_3867.jpg

図書室も7月29日まで利用ができます。
IMG_3870.jpg
  • -
  • -

夏休み前朝会

いよいよ明日から夏休みです。

皆さんが毎日元気に学校に来てくれたのがとてもうれしいです。

朝会では,校長先生から「なつやすみのあいうえお」のお話がありました。

あ あいさつをする。
い いのちをまもる。
う うんどうをする。
え えいようをとる。
お おてつだいをする。

安全で楽しい夏休みになるように,一日一日を有意義に過ごしていきましょう。

IMG_3852.jpg
IMG_3853.jpg
IMG_3855.jpg
IMG_3858.jpg
  • -
  • -

お祭りメニュー

みなさんこんにちは。今日(13日)からの3日間は、みなさんが楽しみにしている若あゆ祭ですね。六郷小学校のお祭りに合わせて、給食でもみなさんの気分を盛り上げるための、お祭りメニューを用意しました。
1日目である今日の給食は豚丼です。麦ご飯にのせて食べてください。
明日の給食はソースやきそばです。お祭りといえば焼きそばですね。ソフトパンにはさんで焼きそばパンにしてもおいしいかもしれません。
明後日、金曜日の給食は夏野菜のカレーとナンです。ナンは5年生さんからのリクエストにお応えして出します。ナンは、北インドやパキスタンの一部の地域で日常的に食べられているパンです。カレーにとても合うのでナンにカレーをつけて食べてくださいね。
今日からの3日間、若あゆ祭とともに給食時間も楽しく過ごしましょう。
20220713_豚丼.jpg
20220714_やきそば.jpg
20220715_ナン.jpg
  • -
  • -

若あゆ祭

若あゆ祭がありました。

1年&6年,2年&4年,3年&5年の組み合わせで,

体育館と教室を使って行われました。

どのお店も,様々な工夫が見られ,下の学年に易しく説明する姿が見られました。

IMG_2061.jpg
IMG_2067.jpg
DSC09262.jpg
以上(3年&5年)

DSC09283.jpg
DSC09286.jpg
DSC09290.jpg
DSC09297.jpg
以上(1年&6年)

IMG_3814.jpg
IMG_3837.jpg
IMG_3848.jpg
IMG_3831.jpg
以上(2年&5年)
DSC09275.jpg
開会式
  • -
  • -

歯科指導(4年)

学校医さんによる,歯科指導がありました。

虫歯の原因や虫歯にならないための歯磨きの仕方を教えてもらいました。

赤くなったところをチェックしながら,丁寧に磨くことの大切さを学びました。

DSC09248.jpg
DSC09247.jpg
DSC09249.jpgDSC09251.jpg
  • -
  • -

生活習慣(保健指導)6年

若林区役所の家庭健康課とのコラボレーションで東北工業大の伊藤先生をお招きし,保健の授業を行いました。
私たちの生活習慣について考え,みんなのアイデアを出し合い,発表し合いました。

DSC09205.jpg
DSC09228.jpg
DSC09241.jpg
DSC09208.jpg
DSC09210.jpg
  • -
  • -

星に願いを

今日は,七夕です。

各教室前の廊下に,七夕飾りや願い事の書かれた短冊が張り出されていました。

みんなの夢や願いが叶うといいですね。

IMG_3192.jpg
  • -
  • -

七夕メニュー

みなさんこんにちは。今日の給食は、明日7月7日の七夕にちなんだ献立です。七夕は、中国の古い言い伝えがもとになっている行事です。
【昔あるところに、神様の娘の織姫と、若者の彦星がいました。織姫は機(はた)織(お)りの仕事をしている働き者。彦星は牛の世話をしているしっかり者です。やがて2人は結婚しました。すると、今まで働き者だった2人は急に遊んで暮らすようになり、全く働かなくなってしまいました。怒った神様は、2人の間に天の川を作り、二人を引き離してしまいます。離ればなれになった二人はとても悲しみました。その様子を見た神様は、前のようにまじめに働けば、1年に1度だけ、2人を会わせてくれると約束しました。それからというもの2人は心を入れ替えて一生懸命働くようになったそうです。】

織り姫と彦星が年に1度だけ天の川を渡って会うことが許される日、その日が7月7日の七夕の夜です。
短冊に願い事を書くのは、昔の人が、織物の上手な織姫のように、「物事が上達しますように」と、お願い事をしたのが始まりだと言われています。また、七夕にそうめんを食べるのは、「7月7日にそうめんを供えると平和に暮らせる」という中国の言い伝えがもとになっています。
今日の給食は、宮城の特産品である白石温麺を使った七夕汁に、さっぱりしたゆで豚肉のごまソース、七夕ゼリーを用意しました。七夕の物語を思いながら食べるのもいいですね。
みなさんの願いも叶うよう、明日の7月7日または、来月の仙台七夕では、願いを込めて短冊を飾ってみましょう。
20220706_七夕.jpg
  • -
  • -

油麩丼

みなさんこんにちは。今日(7月5日)の給食のお話は油麩丼の紹介をします。
油麩は、宮城県の北部にある登米に昔から伝わる食材です。小麦粉に含まれるたんぱく質である、グルテンという成分を油で揚げて作ります。
昔から油麩は夏の食材として食べられてきました。冷蔵設備が整っていない時代、夏の肉はくさりやすかったため、肉の代わりになる食材として油麩が食べられてきたのです。油麩発祥の地である登米市では、今でも夏が一番油麩の売れる季節だそうです。昔からの食文化が根付いていますね。
この油麩を丼ぶりにしたものが「油麩丼」です。今から30年位前に、地元の旅館のおかみさんが考案しました。親子丼の肉を油麩に変えて作ったところおいしいと評判になり、今や登米市を代表する料理になっています。
みなさんは、登米市に行ったことはありますか。行く機会があれば、ぜひ本場の油麩丼も食べてみてくださいね。
20220705_油麩丼.jpg
  • -
  • -

ラタトゥイユ

みなさんこんにちは。今日(7月4日)の給食のお話は、夏野菜をたっぷり使って煮込んだ「ラタトゥイユ」の紹介をします。
ラタトゥイユは、南フランスのプロバンス地方に伝わる野菜の煮込み料理です。プロバンス地方の料理は、にんにく、トマト、ハーブを使うのが特徴です。バターなどはほとんど使わず、オリーブオイルやハーブでアクセントをきかせます。また、トマトやピーマンの色を使い、カラフルに見せるのも特徴の一つです。
今日の給食のラタトゥイユはトマト、パプリカ、ズッキーニ、なすなど、今がおいしい夏野菜をたっぷり使いました。シンプルですが、野菜のうまみが出ています。
ここで給食のおいしい食べ方を紹介します。ラタトゥイユを食パンやホキフライにつけて食べてみましょう。ラタトゥイユをソースとして味わうのも本場の楽しみ方の一つですよ。
みなさんが残さず食べてくれることを楽しみにしています。


20220704_ラタトゥイユ.jpg
  • -
  • -
1/86 >>