本日の河北新報から

1月25日(月)の河北新報に本校の女子ソフトテニス部の試合結果が掲載されていましたので紹介します。

IMG_2437.JPG
  • -
  • -

給食週間

1月24日から30日は,「全国学校給食週間」です。

全国学校給食週間は,「1月の予定献立表」に書かれていますが,仙台市のWebでも見付けました。
「学校給食の歩み 仙台市」で検索するとでてきます。
そこには,次のように書かれています。


学校給食と学校給食週間のはじまり

学校給食は,明治22年(1889年)山形県鶴岡町(現在の鶴岡市)の私立忠愛小学校で,僧侶たちが貧困児童を対象におにぎり・塩びき(塩ます)・たくあんを与えたのがはじまりです。その後全国に広まりましたが,昭和19年(1944年)には,第二次世界大戦の激化により中断しました。

戦後の食料難から子どもたちを救おうと,ララ(アジア救済公認団体。英国の民間団体)からの物資援助を受けて,東京,神奈川,千葉で学校給食が昭和21年12月24日に再開されました。物資をいただいたことに感謝の気持ちを込めて12月24日を学校給食感謝の日と定めていましたが,昭和25年にララ・ユニセフ等による給食物資の寄贈に対し感謝の意を表し,学校給食が戦後再発足した意義を考え,忘れてはならない日として,新たに冬休みと重ならない1月24日から30日を全国学校給食週間としました。

私が小学生の頃の献立も掲載されていました。
昭和49年の献立です。
人気だったのが,「やききそば」や「カレー」でした。
また,「鯨肉のオーロラソースあえ」は懐かしいです。
kondatehensen.pdf

給食の様子
kiyushokunenpyo.pdf

震災後の簡易給食は,パンと牛乳でした。
  • -
  • -

新型コロナウイルス感染拡大に伴って

1月22日(金)に,仙台教育委員会が保護者宛文書を発出しました。

新型コロナウイルス感染拡大に伴って,「拡大防止のため,同居の家族に発熱等の風症の症状が見られた場合は学校に相談してください」という内容のものです。
詳細については,本日配付した文書をご覧ください。


また,「部活動の練習試合は,当分の間自粛」という内容の文書も届きました。
※校内における部活動は感染対策をし実施可とのこと

よろしく御協力お願いします。
  • -
  • -

来週の予定 1/25から

1月25日(月)〜1月29日(金)までの予定です。

25日(月)5時間授業 4校時学活:1・2年期末考査学習計画 部活動休養日 SB:15:30
26日(火)45分7時間授業 SC来校
27日(水)新入生保護者説明会 45分6時間授業 清掃なし
28日(木)45分7時間授業 専門委員会 駅清掃(専門委員)
29日(金)45分6時間授業 中央委員会

今週末の部活動
1月23日(土)女子ソフトテニス,卓球
1月24日(日)男子ソフトテニス
  • -
  • -

技師さんお別れ式

1月31日付けで技師さんが家庭の事情で退職することになり,最終出勤日の1月21日(木)の昼休みにお別れ式を行いました。

<校長先生より>
これまで,学校の環境整備に尽力していただきました。
「環境は人をつくる」という言葉があります。
校地内を整備された状況にし,よりよい学習環境をつくっていただきましたことに感謝申し上げます。
今後は,少しのんびりしながら,健康に気を付けて生活してください。
なお,来年度の広陵祭や20周年記念式典等には,ぜひ顔を見せてほしいと思います。
これまでありがとうございました。お元気で!

IMG_2424.JPG

<生徒代表感謝の言葉>
IMG_2429.JPG

<花束贈呈>
IMG_2431.JPG

<退勤時刻に職員とのお別れ会>
職員からの花束とPTAからの花束を贈りました
DSCF1060.JPG
  • -
  • -

熊鈴

地域ぐるみ青少年健全育成連絡協議会の予算で児童生徒のために,熊鈴を購入しました。
本校に20個,上愛子小に20個あります。
必要がある児童生徒に貸し出しますので,職員に声がけしてください。
本校では,生徒指導主事に声がけしてください。

IMG_2420.JPG

IMG_2423.JPG
  • -
  • -

2年生の1益紹介

本日は,2年生偶数番号の生徒の1益を紹介します。

IMG_2381.JPG

IMG_2382.JPG

IMG_2383.JPG

IMG_2384.JPG

IMG_2385.JPG

IMG_2386.JPG

IMG_2387.JPG

IMG_2388.JPG

IMG_2389.JPG

先週から,1年生のほとんどの生徒が,1益も活用して学習するようになってきました。今後も,1益も有効活用してほしいと思います。
 
  • -
  • -

共通テストの数学の問題

共通テストの問題は新聞に掲載されています。

身近な問題や思考力を問う問題が今回から多く出題されているとのこと。

探してみると,数学機Aの第2問のような問題ではないかと思います。高校で学習する2次関数を使って求めますが,1次関数を学習した中学2年生なら,対応表にまとめることができ,なんとか正答にたどりつくと思います。
数学の得意な生徒はぜひトライしてみましょう。
解いたら,校長室へ持ってきてくださいね。

<第2問>
陸上競技の短距離100m走では,100mを走るのにかかる時間(以下,タイムと呼ぶ)は,1歩あたりの進む距離(以下,ストライドと呼ぶ)と1秒あたりの歩数(以下,ピッチと呼ぶ)に関係がある。ストライドとピッチはそれぞれ以下の式で与えられる。

ストライド(m/歩)=100(m)/100mを走るのにかかった歩数(歩)

ピッチ(歩/秒)=100mを走るのにかかった歩数(歩)/タイム(秒)

ただし,100mを走るのにかかった歩数は,最後の1歩がゴールラインをまたぐこともあるので,小数で表される。以下,単位は必要のない限り省略する。
例えば,タイムが10.81で,そのときの歩数が48.5であったとき,ストライドは100/48.5より約2.06,ピッチは48.5/10.81より約4.49である。なお,小数の形で解答する場合は,解答上の注意にあるように,指定された桁数の一つ下の桁まで◎にマークせよ。

(1)ストライドをx,ピッチをzとおく。ピッチは1秒あたりの歩数,ストライドは1歩あたりの進む距離なので,1秒あたりの進む距離すなわち,平均速度は,x,zを用いて(ア)(m/秒)と表される。
 これより,タイムとストライド,ピッチの関係は

  タイム=100/(ア)・・・・・・・・・・・

 と表されるので,(ア)が最大になるときタイムが最もよくなる。ただし,タイムがよくなるとは,タイムの値が小さくなることである。


(2)男子短距離100m走の選手である太郎さんは,,肪緻椶靴董ぅ織ぅ爐最もよくなるストライドとピッチを考えることにした。
 次の表は,太郎さんが練習で100m走を走ったときのストライドとピッチのデータである。
 また,ストライドとピッチにはそれぞれ限界がある。太郎さんの場合,ストライドの最大値は2.40,ピッチの最大値は4.80である。
 太郎さんは上の表からストライド0.05大きくなるとピッチが0.1小さくなるという関係があると考えて,ピッチがストライドの1次関数として表されると仮定した。
このとき,ピッチzはストライドxを用いて

 z=(イ・ウ)x+(エ・オ)/5 ・・・・・・・・・

と表される。

ここから原文と違います。
太郎さんのタイムが最もよくなるピッチとストライドを求め,最終的にタイムを算出します。

<中学生の解答のヒント>
ストライドとピッチの対応表をつくります。変域を考えましょう。
ストライドとピッチの積を電卓を使用して求め,最大値を求めます。
それが,アです。
タイムを求めましょう。

  
  • -
  • -

2年生の1益紹介

表面(100益)は,漢字や英単語の練習が多いです。
繰り返し学習が必要なことに活用しています。
裏面(1益)は,様々です。
先日の2年生の内容について出席番号奇数の生徒のものを紹介します。(画像が不鮮明で,申し訳ございません)
国語の漢詩,理科の回路図,数学の証明問題や平面図形の角度を求める問題に取り組んでいました。

IMG_2373.JPG

IMG_2374.JPG

IMG_2375.JPG

IMG_2376.JPG

IMG_2377.JPG

IMG_2378.JPG

IMG_2380.JPG
  • -
  • -

大学入学共通テストについて

「大学入学共通テスト」について  〜文部科学省のWebから抜粋〜

1.高大接続改革とは?
 グローバル化の進展や人工知能技術をはじめとする技術革新などに伴い、社会構造も急速に、かつ大きく変革しており、予見の困難な時代の中で新たな価値を創造していく力を育てることが必要です。
 このためには、『学力の3要素』(1.知識・技能、2.思考力・判断力・表現力、3.主体性を持って多様な人々と 協働して学ぶ態度)を育成・評価することが重要であり、「高等学校教育」と、「大学教育」、そして両者を接続する「大学入学者選抜」を一体的に改革し、それぞれの在り方を転換していく必要があります。

2.なぜ記述式問題を導入するの?
 記述式問題の導入により、解答を選択肢の中から選ぶだけではなく、自らの力で考えをまとめたり、相手が理解できるよう根拠に基づいて論述したりする思考力・判断力・表現力を評価することができます。
 また、共通テストに記述式問題を導入することにより、高等学校に対し、「主体的・対話的で深い学び」に向けた授業改善を促していく大きなメッセージとなります。大学においても、思考力・判断力・表現力を前提とした質の高い教育が期待されます。
 併せて、各大学の個別選抜において、それぞれの大学の特色に応じた記述式問題を課すことにより、一層高い効果が期待されます。

ここまでがWeb_______________________________

※強調した部分は,校長が引いたもの。

1の(1.知識・技能、2.思考力・判断力・表現力、3.主体性を持って多様な人々と 協働して学ぶ態度)について
中学校でも来年度から,<知識・技能><思考・判断・表現><主体的に学習に取り組む態度>に観点別学習状況の評価が変わります。
これまでは,知識と技能がそれぞれ1つの観点でしたが,2つの観点が1つになったと考えてください。

2の記述式問題の導入により、解答を選択肢の中から選ぶだけではなく、自らの力で考えをまとめたり、相手が理解できるよう根拠に基づいて論述したりする思考力・判断力・表現力を評価することができます。について
中学校でも,すでに定期考査レベルで記述式の問題を作成しています。
思考力・判断力・表現力を問う問題はこれまでも出題されていました。
2007年から実施された全国学力学習状況調査のB問題(国語B,数学B)は活用問題と言われ,PISA型読解力に対応した問題です。
数学では,証明問題で思考力や表現力を問う問題を作成しています。
社会では,いくつかの資料を読み取り,判断し,記述式で解答する問題を作成しています。
学力調査から,このような記述式の問題では無回答の割合が高く,問題視されています。
定期考査では,分かるところ(途中まで)まででもよいので,自分の言葉で回答する習慣を身に付けていきましょう。
  • -
  • -

<< 2/4 >>