2004年11月22日

No.535「森舞台では結婚式が出来る。」

■森舞台の人はこうかたる
森舞台は平成8年に建てられた。
この時中心となって森舞台を作った人物は、くまけんごろう
森舞台は能が演じられることで有名。
■能とは何か能とは
能は日本の伝統芸能
毎年6月9月に薪能として上演している
登米能という能がある。
■伝統のある森舞台で
なんと結婚式が挙げられる。
そのほかにも登米能というものもある。
■森舞台では本当に結婚式ができた。
森舞台は平成8年に建てられ、その時、中心となって森舞台を作った人は、くまけんごろうという人物葉、森舞台では能が演じられていることで有名。
能とは日本の伝統芸能で森舞台では、毎年6月9月に薪能として演じられている。
しかも森舞台では結婚式が出来る事が分かった。

投稿者 koriyama : 14:16 | コメント (10)

No.507「森舞台の能舞台は現存する日本最古のものである。」

■森舞台に詳しい方はこう語る
森舞台はその年最も建築物に対して贈る作品部門に入賞した。
本格的な能舞台を備えていた。
森舞台は平成6年(1996)年6月1日にオ-プンした。
■森舞台のすごかったところ
能舞台は本舞台、橋掛かり、地謡座、御座の4部分から成り立っている。
能面は大きく分けて4種類に分かれていた。
能面は小さく分けて8種類に分かれていた。
■登米町の能舞台
森舞台は登米町の美しい森の中にあった。
すべての空間は森に向かって開放されていた。
森舞台を愛する人々に対して開放されていた
■森舞台の能舞台は、確かに最古のものだった
森舞台は、地域文化の活動拠点として建設されたものである。
伝統芸能伝承間は、本格的な能舞台、稽古場、展示室などがある。
登米町には、藩制時代から伝わる「登米能」「登米囃子」など伝統芸能が盛んで長年町民の手で大切に受け継がれている。

投稿者 koriyama : 13:49 | コメント (3)