« No.414「明治9年には2人で1つの教科書を使っていた。」 | メイン | No.416「昔の留置所は中が質素。」 »

2004年11月24日

No. 1415明治時代にはノ一トがなく洋風な建築なのか


■明治にノ一トがあつたのか調べてみた
調べてみるとたしかにノ一トがなかった、ノ‐ト
の代わりに、黒板を小さくした物で、書いていた。
■教育資料館は、洋風だった。
それは、現代と、ちがってコンリ一トがなくあるとしても木材しかなかったので極力地元にある資村を使っているためコンクリ一トのものがないことがわかった。教育資料館は、木造にかいだて屋根は、寄棟造り棧瓦葺き凹形で中央に吹き抜け式玄関が突き出し、その柱には、ギリシャ建築様式のアイニックオーダーを簡略化した柱頭で飾り教室の前面に吹き抜けの廊下を配した質素堅牢な造明治の

投稿者 koriyama : 2004年11月24日 10:12

コメント

昔の生活が裕福だったのは、はじめて知りました。自分の意見を入れていて良かったと思います。

投稿者 426 : 2004年11月24日 11:17

もう少し分かりやすく書いたほうがいいと思う

投稿者 427 : 2004年11月24日 11:26

昔の生活について分かりやすいです。

投稿者 417 : 2004年11月24日 11:32

昔は、ノートがなくてミニ黒板に書いていたということが良く分かりました。

投稿者 313 : 2004年11月24日 12:07

ミニ黒板というのが分かったが、どのように持ち帰ったか、または自分専用のがあるか〔チョーク〕を詳しく書いてほしい。

投稿者 鈴木亜希 : 2004年11月24日 14:46

ミニ黒板とあるがどのように持ち帰ったかまたはチョークを自分専用にして使っていたのかを詳しく書いてほしい。

投稿者 Anonymous : 2004年11月24日 14:52

コメントしてください




保存しますか?