« No.525「警察資料館は・・・日本唯一の警察資料館として公開されている。」 | メイン | No. 527「旧登米高等尋常小学校の校章は宮城の初代領主に関係していた。」 »

2004年11月22日

No.526「水沢県庁記念館の使用目的が変わっていった理由は『空き家になってもったいない』からである。」

■水沢県庁記念館とは・・・?
登米町寺池桜小路1番地にある、町指定の重要文化財。
玄関は堂々たる造りで、『入母屋造』という。
破風は狐格子で純和風だが、付属棟は洋風平屋建。
洋風の意匠の中に和風の手法を取り入れた、日本独自の和洋折衷建築と言える。
■水沢県庁記念館の歴史
明治4年に水沢県庁舎として建てられ、明治5年~8年(庁舎が一関に移される)まで県庁として使用。
小学校や老人センターなどに使用。
明治22年~昭和33年まで治安裁判所として使用。
平成2年に治安裁判所(明治22年頃)の姿に復元し、水沢県庁記念館として公開している。
■水沢県庁記念館の使用目的が変わっていった理由
明治5年~8年までは県庁として使用。
空き家になってもったいないので、小学校や老人センターなどに使用。
明治22年~昭和33年まで、治安裁判所として使用。
■水沢県庁記念館の使用目的が変わっていった理由は、『空き家になってもったいない』という、登米町の人達の思いからである
水沢県庁記念館は、県庁として使われた他に、『空き家になってもったいない』という理由で、使用目的が変わっていった。
隣接して、武家屋敷、春蘭亭、鉤型辻通りがあり、複合施設として明治の面影を伝えてくれる。
水沢県庁記念館の他の建物も、建物を大切にしよう、という登米町の人達の思いがあるのだと思う。

投稿者 koriyama : 2004年11月22日 14:08

コメント

題名から読みたくなるようなことがかいてあって良かったです。それに、何年からどうなったかということが書かれてあったので分かりやすかったです。

投稿者 527 : 2004年11月22日 14:45

   登米の人たちが、物(建物)を大切にしていることがわかりました。
   年代などが、詳しく書いてあって、良いと思いました。

投稿者 531 : 2004年11月22日 14:50

わかりやすいですね。

投稿者 528 : 2004年11月22日 15:00

 水沢県庁記念館はいろいろな目的で使われていたことがわかった。何の目的で使われていたかまで詳しく説明されていてわかりやすかった。

投稿者 522 : 2004年11月22日 15:02

空き家になってもったいないからの理由で使用目的が変わるなんて初めてしりました。
~~~とはが詳しく書かれていて見習いたいです。

投稿者 614 : 2004年11月24日 10:26

コメントしてください




保存しますか?