« No.425「登米では明治9年の小学校では生徒477人にたいし教員7名だった。」 | メイン | No.427「臭い飯の語源は牢屋に関係ある。」 »

2004年11月24日

No.426「昔の学校にはノートがなかった。」


■昔のノートは何か調べてみた
「ノート」とは、黒板に書いてあるのを写したり、計算したりするもので、今では欠かせない学習用具だ
だが昔は、ノートなんて物はなかった。」
そのかわり「石盤」というのがあった。
「石盤」は地域でとれた「ゲンジョウ石」できている。
■「石盤」とはどんな物か?
昔の学校には、教科書はあるが、「ノート」は見当たらない。
机の上には、長方形の小さい黒板みたいな物がおいてある。
これが当時の、「ノート」変わりの「石盤」!ちなみに色は緑でした。
昔のノートは、黒板みたいなものでチョーク代わりに石筆が使われていました。チョーク代わりなので今で言えば黒板消しみたいな物で書いたものを消していたと思います。
■「石盤」の評判は?
昔の人達のころは「ノート」なんてものがなかったので、書く物があるだけよかったと思う。
今のノートは引っ張ったりするとやぶれるが、昔のノートは石でできているのでとてもがんじょうだった。
■「石盤」はかかせない学習用具だった。
「石盤」は、登米の教育資料館の中の「再現教室」にあった。
今とはちがい、昔らしさのある教室で、とてもなごみやすい。
今の人は、昔使われた「石盤」などを見ると、「こんなの使ってたの」などと思うが、昔は、とてもかかせない学習用具だった。

投稿者 koriyama : 2004年11月24日 10:23

コメント

昔の人はノートが無くて大変だったという事をはじめて知った。黒板の石の名前など詳しく調べていてよかったと思う。

投稿者 427 : 2004年11月24日 11:12

他にも同じことを書いているひともいたけれど、とてもくわしいし、石盤が何でできているのかも書いてあってすごいと思いました。

投稿者 402 : 2004年11月24日 11:19

黒板の石の名前など、知らなかったので、
詳しくていいお思います。

投稿者 432 : 2004年11月24日 11:23

昔は、ノートがなかったなんて初めて知りました。石盤についてとても分かりやすく書いてあって、よかったです。

投稿者 421 : 2004年11月24日 11:26

私は分かりやすく書いてあって意味もわかりやすくていいと思いました。

投稿者 Anonymous : 2004年11月24日 11:28

私は分かりやすく書いてあって意味もわかりやすくかいていていいと思いました。

投稿者 Anonymous : 2004年11月24日 11:30

昔のノートについてよく調べていたのですごくよかったと思います。

投稿者 423 : 2004年11月24日 11:32

生徒数は多いのに教員はちゃんとした資格を持っている人は少ないんだなあ。

投稿者 Anonymous : 2004年11月24日 12:08

生徒が477人なのに先生が7人ということは先生方は大変だなと思いました。

投稿者 311 : 2004年11月24日 12:09

コメントしてください




保存しますか?