鹿野小ブログ

「できた!」をふやす・「どうなる?」をためす・「楽しい!」を見つける
児童が安心して学び、保護者・地域が安心して託せ、教職員が安心して働ける学校を目指して

3月31日 2年間ありがとうございました

令和3年度の「最終日」。

多くの教職員がつかの間の「休暇」を取り,
明日からの新年度にしっかり備えています。
学校には静かな時間が流れています。

私にとっては鹿野小で仕事をする最後の日となりました。
今日は朝から久しぶりの雨模様。
この学校を去る教職員の「泪雨」かもしれません。

------------------------

2年前の春,4月8日,始業式や入学式までもが延期され,
子どもたちも,保護者のみなさんも,そして,教職員も,
大きな不安に包まれる中で,
このブログ「校長室」を始めました。
学校が再開される日を楽しみに待っていてほしいという一心でした。

4月15日には再び入学式が延期されました。
あの日,朝日を見ながら感じた悔しさ,切なさ,悲しみは,
忘れられない記憶です。

あの頃,
まだ会ったこともない子どもたちへの思いを綴った毎日のメッセージは,
まるで「片思いのラブレター」のようであったなと,
今となって思います。
私のプライベートなことを書いたり,なぞなぞを出したり,
少々的外れな内容もあったかと思いますが,
少しでも子どもたちが笑顔になってくれればと願ってのことでした。

あれから2年…。

日々の子どもたちや教職員の様子を伝えることは,
私の「日課」となり,
このブログは多くの方に愛されるようになりました。

当初「家庭で過ごす子どもたちとつながるツール」として始めた
このブログ「校長室」は,
「コロナ禍」により様々な行事を中止や縮小せざるを得ず
見えにくくなった学校の様子を伝え,
保護者の皆さんの不安を軽減させることも大切な目的となりました。

また,ブログの取材を通して,日に何度も教室を回り,
キラキラした目で授業に取り組み,努力し,
日々成長していく子どもたちの姿を見ることは,
私の大きな喜びとなりました。
そんな子どもたちの姿,
そして,それを後押しする鹿野小の教職員の献身的な姿を
伝えずにはいられませんでした。

当初は日々100程度のアクセス数だったこのブログも,
いつの間にか,毎日200前後のアクセスをいただくようになりました。
いつの間にか自分が書いたトピックも500を超えていました。

今回の異動に際しても,
「ブログが見られなくなるのが残念です」という言葉を
多くの保護者の方からいただきました。
本当にありがたいことです。

「学校が保護者の方とつながる」ための「手立て」は様々です。
私・佐々木にとっては,それが,
この「鹿野小ブログ」であったのだなと,
御理解いただければうれしいです。

-----------------------

このブログでも何度か
地域は土,校長・教職員は風」という考え方を紹介してきました。
私の大好きな考え方です。

2年という短い時間しかこの学校で仕事ができなかった私は,
本当に「一瞬だけ吹いた『風』」だったかもしれません。
私とともに異動する12名の教職員が残したものが,
鹿野学区という「土」を,より豊かにしたものであったことを
願うばかりです。

明日から鹿野小学校には「新たな『風』」が吹きます。
そして,
鹿野小学校がこれからも「安心して学べる地域の学校」であり続けるために,
力を尽くしてくれることでしょう。
これからの鹿野小学校の発展が楽しみでなりません。
これからも保護者・地域の皆さんの「力強い後押し」をお願いいたします。

------------------------

まだまだ伝えたい・伝えきれなかったことは山ほどありますが,
校長の長い話は嫌われますし,
残念ながら時間切れです。

私のブログ「校長室」はこのあたりで閉じることにします。
2年間,本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

鹿野小学校,大好きでした!!

さようなら。

仙台市立鹿野小学校 第24代校長 佐々木康之
(R2.4.1〜R4.3.31)
0718E479-C51D-4977-AFC2-64C22A0FA2E9.jpeg
  • -
  • -