鹿野小ブログ

「できた!」をふやす・「どうなる?」をためす・「楽しい!」を見つける
児童が安心して学び、保護者・地域が安心して託せ、教職員が安心して働ける学校を目指して

1月19日 「先生」は身近なところに

寒い朝となりました。

CIMG1586.jpg

校地周辺の所々が凍結していました。教務主任がさっそく融雪剤をまきました。

CIMG1577.jpg

それでも,子供たちにとって「雪」は魅力的。朝から雪で遊ぶ姿が校庭のあちらこちらで見られました。

CIMG1578.jpg
CIMG1579.jpg

教室を回ると,一生懸命に係の仕事をしている子を発見。がんばってるね。ありがとう。

CIMG1581.jpg

今日は「学級の時間」ですが,外遊びは難しいため,様々な室内遊びを考えているクラスがほとんどでした。特に「ヘビじゃんけん」が学年問わず人気のようです。

CIMG1582.jpg

▽3年生・国語「心が動いたことを詩で表そう」の授業。自分が考えた詩を清書中。子供たちの感性はすばらしいです。

CIMG1588.jpg
CIMG1590.jpg
CIMG1630.jpg
CIMG1632.jpg

▽5年生は来年度の「クラブ活動」について話し合っていました。来年,どんなクラブができるかは,現5年生の子供たちからのアイディアと賛同者数次第です。最上級生になる準備はこうした場面でも着々と進んでいます。

CIMG1633.jpg
CIMG1634.jpg
CIMG1636.jpg
CIMG1637.jpg

▽2年生・生活科「明日へジャンプ」。自分の成長を振り返り,3年生へ進級する意欲と自信を高める単元です。まず子供たちは「2年生になって自分たちができるようになったこと」をたくさん発表しました。

CIMG1518.jpg

今日は自分のことを振り返る活動です。「自分ができるようになったこと」を書き出し,その「わけ」を考えます。自分がしたことは赤字で,だれかにしてもらったことは青字で書き出します。自分のことを振り返る力が育っているのも成長の証ですね。

CIMG1627.jpg
CIMG1626.jpg
CIMG1628.jpg

▽5年生は,算数の「難単元」といわれる「割合」の学習中。「文殊グループ」(3人程度の少人数グループ)で問題の解き方を相談し,友達の発表に耳を傾けながら,考えを深めていきます。このクラスではすっかり定着した学習スタイルです。
CIMG1594.jpg
CIMG1592.jpg
CIMG1593.jpg

▽今日の給食のメニューはこちら。

CIMG1619.jpg

セリの入ったお雑煮。今日のセリは石巻産の「河北セリ」だそうです。

CIMG1620.jpg

▽3年生は,長町交番の所長さんや署員さんをお招きし,社会科の「警察の仕事」について学びました。実際の警棒や防護盾なども見せていただきました。子供たちもお二人の説明にどんどん引き込まれていました。

CIMG1596.jpg
CIMG1600.jpg
CIMG1601.jpg

また,実際のパトカーにも,ひとりひとり乗せていただきました。子供たちは大喜びです。

CIMG1604.jpg
CIMG1613.jpg
CIMG1617.jpg

実はこの活動は宮城県警の「警察本部庁舎」に見学に出かけて行う予定でした。しかし,コロナ禍のため,見学ができなくなってしまいました。そこで「身近なところにお願いしてみよう!」と担任が長町交番に依頼したところ,快く引き受けていただき,実現したものです。

CIMG1606.jpg

地域にある交番の方の話は,子供たちにとって,警察の仕事をより身近に感じる機会になったと思います。子供たちのワークシートもメモでいっぱいでした。

CIMG1611.jpg
CIMG1609.jpg

鹿野小を取り巻く,身近な地域の中にも,さまざまな「先生」がいるはずです。感染予防対策は万全に取りながら,子供たちをそういった「先生」方に積極的に会わせ,学ばせ,学びを深めさせたいと思います。

CIMG1631.jpg

長町交番の皆さん,日々御多用の中,御協力ありがとうございました。
  • -
  • -