鹿野小ブログ

「できた!」をふやす・「どうなる?」をためす・「楽しい!」を見つける
児童が安心して学び、保護者・地域が安心して託せ、教職員が安心して働ける学校を目指して

10月29日 来週から「レベル1」対応です

今日はまず給食の話題から。今日は「ハロウィン給食」。

CIMG9585.jpg

特に子供たちが楽しみにしていたのは「揚げパン」だったでしょうね。揚げて,砂糖をまぶして,袋に詰めて…。今日の調理の中でも一番大変な作業だったそうです。給食室の皆さん,ありがとうございました&おつかれさまでした。

CIMG9589.jpg

デザートもハロウィンバージョンです。

CIMG9586.jpg
CIMG9591.jpg

▽1年生・算数「くりあがりのあるたしざん」の授業。「6+7」という問題。さて,6を分けた方が計算しやすいか,7を分けた方が計算しやすいか,子供たちは一生懸命考えます。考えるポイントは「(はやく)・(かんたんに)・(せいかくに)」です。

CIMG9560.jpg
CIMG9559.jpg
CIMG9561.jpg

▽3年生は算数の授業で,正方形をいくつかに切りわけ形を使うパズル「タングラム」に挑戦。教科書に載っている形を作ろうとしますが,「できなーい!」と苦戦する子が続出。学習支援員さんが寄り添います。すこしすると,「できたぁ!」ということがあちらこちらから上がりました。

CIMG9572.jpg
CIMG9571.jpg
CIMG9575.jpg
CIMG9574.jpg

▽6年生は仙台南税務署から財務事務官の方をゲストティーチャーとしてお招きし,税金のことを学ぶ「租税教室」を実施しました。「税金のない世界」をテーマにしたアニメを見て,税金の意味を考えました。時はまさに「衆議院選挙」直前。「主権者教育」にも繋がる大切な内容です。

CIMG9612.jpg
CIMG9611.jpg
CIMG9608.jpg
CIMG9609.jpg

▽来週11月1日から,仙台市の「いじめ防止『き・ず・な』キャンペーン」が始まります。2年生のこのクラスでは,「いじめはどうしておきるのだろう?」「優しい人ってどんな人?」「本当の友達ってどんな友達?」というテーマを設け,p4cの手法を使って,話し合いをしていました。コミュニティーボールを自分たちで回しながら,自分の考えを次々と述べていく姿は本当にすばらしかったです。

CIMG9601.jpg
CIMG9600.jpg
CIMG9603.jpg
CIMG9604.jpg
CIMG9606.jpg

#いじめ

▽配信メールでもお知らせしたとおり,10月31日をもって,市のリバウンド防止徹底期間が終了となり,学校は来週11月1日から文部科学省が示す「レベル1」の行動基準で教育活動を進めます。「レベル1」に戻るのは,今年1月以来9か月ぶりということになります。長かったですね。

ただし,「レベル1」といっても,「コロナ前に戻る」ということではありません。

これまで通り「だてマさむネの約束」を意識させ,朝の健康チェック・マスクの着用・手洗いの励行・換気の実施・三密の回避など,「基本的な感染症対策をした上で教育活動を進めていく」という姿勢に変わりはありません。ただ,「レベル1」になったことで,これまで慎重に実施していた「合唱・合奏」「調理実習」「身体接触のある運動」など「感染リスクが高い」とされてきた活動も,感染症対策をした上で,より通常のスタイルで実施可能ということになります。担任としても,子供たちにとっても,喜ばしいことです。

なお,給食の「前を向いて黙食」のルールは,当面校内では継続することにしました。今後の「インフルエンザの流行」や,いわゆる「第6波」の可能性も考慮し,「マスクを外した大人数での会食」と同じ状況になる「グループでの喫食」を避けるためです。子供たちにとっては楽しいはずの給食の時間ですが,当面の間は,「前を向いて黙食」を継続します。御理解をお願いします。

▽本来ならば明日31日は「学習発表会」を予定していた日でした。学習発表会の中止は,夏休み明けに吹き荒れた「第5波の嵐」の中での苦渋の決断でしたが,反面,中止にしたことで,練習による感染リスクを避け,より安心してすごせる学校生活にすることができたとも言えます。11月の「授業参観」では,子供たちの一段と成長した姿をお見せできればと思います。

そして,来年度こそは,「学習発表会」が無事実施できることを願っています。
  • -
  • -