鹿野小ブログ

ようこそ鹿野小学校へ

気持ちのコントロール

img20200831-1.jpg
 発達に課題を持つ子供は,さまざまな理由から,自分の気持ちに気付いたり,それをコントロールしたりすることを苦手としていることがあります。気持ちをコントロールする力は,自分が行動するときや友だちとコミュニケーションを取るときなどの社会生活を送る上で必要となる,大切な能力の一つになります。
 子供が自分の気持ちをコントロールすることが難しくなった場合は,周囲の人が寄り添い,気持ちを言語化して伝え,子供自身が自分の気持ちや行動に気付くことができるように促していきます。そして一緒に対処方法を考え,適切な折り合いの付け方を教えていきます。
 はぐくみ教室では,ソーシャルスキルの学習の一つとして,自分の気持ちについて考えさせています。物事の捉え方によって気持ちが異なることを押さえ,前向きな気持ちに切り替えるための考え方について,具体的に学ばせています。また,このような学習は,子供の成長に応じて繰り返し行っています。
img20200831-2.jpg
  • -
  • -