上杉山通小学校   学区の散歩道    

第5回 都会のオアシス『梅田川』

みなさん,お久しぶりです。今回の散歩道は,学区の北側を流れている『梅田川』をクローズアップしてみました。

 梅田川とは
 中山・国見ヶ丘・貝ヶ森に源を発し東へ流れ、北仙台、梅田町、宮町、中江、原町、苦竹、新田、小鶴といった住宅地の中を流れ、福田町で七北田川に合流する二級河川です。

 名前の由来
 梅田川中流にある堤町(つつみちょう)の天神社の梅の花からついたという説、あるいは、田を埋(う)めて作られた「埋田」からついたという説があります。
かつては、地域によって平渡戸川(ひらわたどがわ)・藤川・平田川などと呼ばれていましたが、江戸時代末期ごろから梅田川と統一して呼ばれるようになったようです。
また、北六番丁通りの桜並木がみごとだった四ツ谷用水(よつやようすい)は、別名桜川と呼ばれていました。梅田川・藤川とならんで花の名前でまとめています。
(みやぎ生協のHPより)

 
実は汚かった梅田川
 今でこそ,水は澄み,都会の真ん中を流れる川にもかかわらず,水生生物やカルガモなども野鳥が多く生息するきれいな川に変身しましたが,昭和の30〜40年代の梅田川は鼻をつままないと渡れないほど汚れいたそうです。日本全体が公害に悩まされていた時代のことです。
 ところが住民からクリーンアップ作戦が持ち上がり,地域住民の手による清掃活動とつながりました。このことは,全国的にも高く評価され,1967年(昭和42年)「美しい町づくり全国コンクール」最優秀賞をいただいたそうです。町内会の活動がここまで川の浄化につながった例は全国でも珍しいそうです。すごいですね。これこそ,地域力。

 

梅田川 フォトアルバム

宮城調理師学校の北側 北仙台駅北側の橋から青葉体育館を望む 都会の真ん中とは思えぬような景色です
水量は少ないのに,この透明度はすばらしい 子どもたちの憩いの場:ザリガニも住んでいます 正面が青葉体育館です
何となく,三鷹あたりの玉川上水を思わせる景色 国道の橋ですが,車では橋と気づきません この流れは,東照宮,幸町へと続きます