障害を理解し共に生きるため1年生がキャップハンディ体験を行いました。

誰にでも,得意なことはあるし,苦手なこともあります。また,人には頑張ってもどうしてもできないこともあります。そのことは悪いことでも恥ずかしいことででもありません。障害があっても,周りの人のサポートや設備があれば大丈夫です。生活の中で,障害のある人が困っているのを見かけたら,どんなサポートをしたらよいかを考える体験として標記の体験学習を行いました。車椅子を押した山下さんは「段差は何度か練習すれば大丈夫です。しかし,舗装されていない道を想定したマットの上で車椅子を押し続けることは,とても難しいと感じました」と述べていました。また,乗っていた塚越さんは「少し恐かったです。サポートする場合は,安心して乗ってもらうようにしたいですね」と話していました。本校では,この取組を本市社会福祉協議会若林区事務所及び七郷地区民生委員児童委員協議会,社会福祉法人大和町蒲町地域包括支援センターの皆さまの絶大なるご協力により,毎年1年生で継続して実施しています。

車椅子補助.jpg
車椅子補助.jpg
車椅子体験.jpg
車椅子体験.jpg
キャップハンディ体験.jpg
令和元年度以前 | - | -