放送による夏休み明け全校集会を行いました。

今から75年前,1945年8月に人類の歴史にとどめておかなければならないことがありました。8月6日の広島,そして9日の長崎に歴史上唯一の原子爆弾の投下で,一瞬にして数十万人が犠牲になりました。過去の戦争を振り返る時,その反省から日本人はこれまで地球上の戦争を防ぐために努力してきました。これからも平和が保たれるように努力を続けていかなければならないと誓い続ける8月であることを覚えていてほしいと思います。
二つ目は コロナウイルス感染防止対策における「正常化バイアスによる緩みの修正を図って,一層の感染防止に努めてほしいということです。
 様々な判断やストレスに過度に反応しないよう,心を守る機能「正常性バイアス」の機能が逆に作用し,一刻も早く対処しないといけない状況にいながら「自分は大丈夫」「これくらいなら対策をとらなくてもいい」と考えてしまい,大きな落とし穴となる場合があります。コロナウイルスとの付き合いは長期に及びます。今まで通りのペースや関わりでの対応は難しいものとなります。感染からもストレスからも,今後はこれまで以上のセルフケアへの取り組みが不可欠なものとなります。報道では,見えないウイルスへの不安を特定の対象にすり替えて安心感を得ようとして差別や偏見に満ちた行動があると報じられています。本校においていじめや差別,偏見が起きないように,ちくちく言葉や仲間はずれの行為を見たり,聞いたり,被害に遭った方は,一番話がしやすい先生にすぐ相談しましょう。できるだけ嫌な思いをしている時間を減らすためにも是非相談してください。
 最後になりますが,本校は今後も正常化バイアスによる緩みを修正しながら,感染防止に努め,可能な学校教育活動を切れ目なく継続していき,生徒の皆さんの感染や孤立への不安を軽減して,通学する喜びや学ぶ喜びを体感できるよう努めていきます。皆さん,これからも受容的で協力的な学校づくりへの協力をお願いします。(校長講話より掲載)

放送による夏休み明け全校集会の様子
IMG_3278.JPG
IMG_3281.JPG
賞状伝達の様子
IMG_3285.JPG
2020年柳生中点描 | - | -

放送による夏休み前全校集会を行いました。

 去る6月1日,3か月の臨時休校が明け,多くの生徒の皆さんは,新学期特有の不安の他に,感染への不安,孤立への不安,学習や部活動への不安などたくさんの不安感と,友達と会える,学校に通える安堵感を同時に抱いて登校してきました。感染防止対策に基づいた新たな学校生活様式を取り入れて,本日で68日間を無事に過ごすことが出来ました。一生懸命に部活動に取り組んできた生徒の皆さんにとって,中総体や各種コンクールの中止の決定は,とてもつらく残念な気持ちだったと思います。特に3年生の皆さんが,それぞれに自分にとっての部活動を振り返りながら仲間や先生方と共に話し合い,多くの3年生が本日までに部活動に1つの区切りをつけ,不平不満を残さず,望む進路の実現という次の目標にしっかりと向かう柳中生の姿は「しなやかに考え,的確に判断して,目標達成のために実践する本校が求める生徒像」に重なり,1・2年生の皆さんへ正に身近な目標としての存在の大きさを実感しているところです。
 さて,皆さんに改めてお話したいことは「感染症を完全に防ぐことは誰にも出来ないこと,そして必ずしも不注意等により感染するものではない」ことを十分に理解した上で,新たな学校生活様式をしっかりと定着させて全校生徒及び教職員が熱中症にも注意しながら,感染防止対策を行いましょう。併せて,感染が明らかになった場合は,本日配付しましたプリントの通りに,本市及び教育委員会の指示に従って適切に対応すると共に,生徒の皆さんや保護者の皆様に速やかにお知らします。 更に,感染者やその家族,医療従事者,社会生活を支える事業に携わる方々への差別やいじめなどの不当な仕打ちが報じられておりますが,そのようなことのないよう,やなぎう精神の励行に努め,受容的で協力的な学校をつくっていきましょう。結びになりますが,今年の夏休みは8月8日(土)から18日(火)までの11日間です。人の行き来が活発になることも予想されるお盆の時期です。ご家庭でも手洗い,うがいの励行,毎朝の検温の実施や免疫力を上げる食生活など引き続きの感染防止対策の継続をお願い致します。
 これまでのような人々の交流を許さないウイルスが存在しても,生徒の皆さんやご家族の皆さんとしっかりと連携して,一体感のある安全で安心して学べる学校を夏休み明けもつくっていきましょう。それでは,8月19日に,元気にまたお目にかかりましょう。(校長講話)

IMG_0017.JPG
IMG_0025.JPG

IMG_0028.JPG
2020年柳生中点描 | - | -

I hope you will be happy in your future. 〜Brittani 先生離任 〜

この度,2年間のALTとしての任用期間を満了して,ブリタニ・トース先生がアメリカ合衆国に帰国することとなりました。各クラスの英語を週1時間ずつ担当したブリタニ先生を通して,生徒の皆さんは英会話はもちろん米国文化や国際感覚等も学ぶことができました。ブリタニ先生は,「柳生は私の第2の故郷となりました。帰国後は,在任中に学んだ日本語を生かして,日本の本を英語に翻訳する仕事を行っていきたいと思っています」と流ちょうな日本語で話していました。
 ブリタニ・トース先生,ありがとうございました。お元気で。ご活躍を願っています。

総務大臣より「JET絆大使」に任命されるブリタニ先生(写真右)
 IMG_20200727_081848.jpg
教職員から記念品贈呈の様子
IMG_20200727_081820.jpg
父母教師会から記念品贈呈の様子
IMG_20200727_081936.jpg
各学年生徒の皆さんより熱いメッセージを贈呈しました(放送による離任式にて)
IMG_3232.JPG
IMG_3233.JPG
IMG_3234.JPG
全校生徒の皆さんに英語と日本語でお別れの思いを伝えるブリタニ先生
IMG_3235.JPG
2020年柳生中点描 | - | -

第1回学校評議員会・学校関係者評価委員会を分科会形式で開催しました。

今回は,学識経験者,学区内町内会長様,民生委員・児童委員様や児童館長様,本校父母教師会会長及び前会長様からなる学校評議員及び学校関係者評価委員8名の皆様を2グループに分けて2校時と3校時にそれぞれお招きし,標記の会を分科会形式で開催致しました。委員の皆様には,各学級の授業の様子を参観いただいた後,事前に配付致しました学校経営方針や学校・学年だよりや新型コロナウイルス感染防止行動を加筆した中学校生活1日の流れ,本校スクールライフ2020から本校括弧恵教育活動全般について協議していただきました。
委員の皆様からは,『上手に授業に生徒を授業に引きつける力量がある先生方ですね』『登下校時の挨拶や笑い声が聞こえてくるようになり,当たり前の光景が戻ってきてよかったと思います』など高い評価をいただき,今後に向けては『コロナ対応で見えづらくなるとは思いますが,くれぐれもいじめ防止や自死防止をしっかりとお願いします』など示唆に富んだ,ご意見をいただきました。
 このことを活かしながら,このことを活かしながら,コロナウイルス感染防止の観点から見れば,今はまだ非常事態。その中でも確実に本校学校教育目標に迫るべく,日々の教育活動を丁寧に展開して参ります。本校学校教育目標に迫るべく,力強く日々の教育活動を展開して参ります。今後ともご理解とご協力をお願い致します。ご教唆いただきました皆様,ありがとうございました。

学校評議員,学校関係者評価委員の皆様による授業参観の様子

IMG_1184.JPG
IMG_1200.JPG
IMG_1209.JPG
第1回学校評議員会・学校関係者評価委員会の様子
IMG_1210.JPG
2020年柳生中点描 | - | -

書面決議方式を採用した放送による生徒総会を行いました。

 刈屋さんと熊澤さんを議長団に選出して,書面決議方式を採用した放送による生徒総会を行いました。柳生中学校生徒会は全生徒をもって組織され,学校生活の充実と向上を図る活動を行うことを目標としています。本来であれば全生徒が一同に集まっての生徒総会ですが,感染防止の観点から書面決議方式を採用した放送による生徒総会となります。それだけ皆さんの手元にある生徒総会資料の大切さが増してくるものと思います。小野寺生徒会長の呼びかけに応じて,より充実した学校生活となるよう期待しているところです。
IMG_1162.JPG
IMG_1166.JPG
2020年柳生中点描 | - | -

放送によるJRC加盟登録式を行いました。

JRC加盟登録式では,柳沢さん,西山さん,林さんが担当して,JRCの目的や歴史について伝え,「わたくしは,青少年赤十字の一員として,心身を強健にし,人のためと郷土社会のため,国家と世界のためにつくすことを誓います」と誓いました。
JRCとは、Junior Red Cross(青少年赤十字)の略です。誰の心の中にもある「苦しむ人を見たらなんとかしなくてはいられない」という気持ちのすべてを人々から引き出し,一つに集め,行動として組み立てます。柳生中生は,青少年赤十字のメンバーとして,これらのことを正しく学び,学校や地域で,元気で,仲良く,楽しい生活ができるように行動します。担当した3人は「緊張しました。少し噛んでしまいましたが,しっかりと加盟登録式を行う事ができました」と大役を果たし安堵した様子でした。

IMG_6480.JPG
IMG_6481.JPG
2020年柳生中点描 | - | -

地区生徒会を行いました。

 去る7月6日(月)に在校中に災害が発生した場合の生徒の非常時下校体制の確認と各地区の地区生徒会長,同副地区長の選出と今年度の担当の先生との顔合わせを兼ねて,地区生徒会を行いました。地区生徒会は居住地域で地区割りをして,災害時にはもちろん平常時から積極的に町内会の皆さんに協力して,活動に参画するためのグルーブです。

各地区生徒会の様子
IMG_3107.JPG
IMG_1020.JPG
2020年柳生中点描 | - | -

校内放送による生徒会任命式を行いました。

本日6校時に放送部の皆さんの協力により,各学年委員長,校規委員長,給食委員長,新報委員長,保健委員長,図書委員長,緑化整備委員長,奉仕委員長等が事前に収録した活動方針や抱負などを放送し,各学級では担任の先生が委員の皆さんに任命状を手渡して生徒会任命式としました。その後,生徒の皆さんは,仙台市生活・学習状況調査に取り組んでいました。感染防止を心掛けながら,いよいよ生徒会活動が始まります。

放送中の様子(放送室にて)
IMG_3083.JPG
IMG_3084.JPG
IMG_3087.JPG
2020年柳生中点描 | - | -

新しい生活様式を取り入れた完全給食が始まりました。

本日より,これまでの班ごとではなく,前を向いたままで会話を控えた給食が本格的に始まりました。人々の交流を妨げるコロナと共に歩む時代を生きる生徒の皆さんと,これまでの授業や学校行事,部活動等の学校生活を感染防止の観点から見直しながら,新しい学校生活様式の確立を進めていきます。

IMG_2970.JPG
IMG_2983.JPG

IMG_2994.JPG
2020年柳生中点描 | - | -

総合建設業 株式会社 丸智 様より,消毒用アルコール20リットルを寄贈いただきました。

 本日午後2時に,総合建設業 株式会社 丸智 代表取締役 大友 智幸 様が来校されて「知人から柳生中が,テーブル,イス,手すり,ドアノブなど生徒の手が触れる場所の消毒用アルコールの備蓄が不足がちになり,困っていると聞いて,取り急ぎ消毒用アルコール20リットルを持ってきましたので,使ってください」と消毒用アルコール20リットルを寄贈いただきました。
 中野恵養護教諭は「手指消毒も可能な大変貴重な消毒用アルコール20リットルも寄贈いただき,ありがとうございました。頂きました消毒用アルコールは,今後大切に使用し,新型コロナウイルス感染防止を徹底して参ります。」と感謝の言葉を伝えていました。株式会社 丸智 代表取締役 大友 智幸 様,本当にありがとうございました。

株式会社 丸智 代表取締役 大友 智幸 様(写真左)から校長に消毒用アルコール20リットルが渡される様子
20200604_144038.png
2020年柳生中点描 | - | -