平成29年度故郷復興プロジェクト

平成23年度より震災後の復興を目指し,「復興へ!学校の力結集!」をスローガンに掲げ,児童生徒による復興プロジェクトを実施してきた。7年目となる今年度も学校が保護者,地域及び関係機関等と連携し,様々な活動に取り組み,地域に元気を与え,復興へ向けた地域社会全体の意識高揚を図るとともに,将来にわたって社会に貢献できる児童生徒を育てる取組とする。

故郷復興プロジェクト

CONTENTS コンテンツ

*
「七夕まつり」への参加と
オープニング・セレモニー

*
「復興プロジェクト・デー」

*「復興ソング」

* 目的 

(1)児童生徒が,保護者,地域及び関係機関と連携し,復興に向けた取組を通して,「自助」・「共助」の力を育み,たくま
   しく「生きる力」を育てるとともに,社会の一員としての自覚を高めることができるようプロジェクトを推進する。
(2)児童生徒の思いや願いを大切にし,児童生徒の意見の具現化を図り,将来に渡って社会に貢献する気持ちを育む。


* 実施期間

 平成2941日〜平成30331

* 事業内容

 * 教育委員会主催の取組

  * 「七夕まつり」への参加とオープニング・セレモニー

     8月6日(日)〜8月8日(火)に「仙台七夕まつり」会場(藤崎百貨店前)に展示
    仙台市立学校の全児童生徒が復興への思いを込めて七夕飾りを制作

  * 「復興プロジェクト・デー」

     各学校の特色を生かし,実情に合わせて実施
    平成26年度「故郷復興サミット」で決定した目的(語り継ぐ・学ぶ・感謝する・深める)を踏まえて実施

     <例> 「震災を風化させない」という目的を踏まえた学校独自の活動。復興ソングの合唱等。