仙台市生徒指導問題等懇談会

  
 
「いじめの未然防止に向けた
     取組の在り方」(中間報告)

   

        

平成27年度・28年度の懇談会のテーマ

「いじめの未然防止に向けた取組の在り方」

〜いじめに向かわない児童生徒の育成〜

生徒指導問題等懇談会とは・・・

本懇談会は,生徒指導上の諸問題について,学識経験者,関係機関の職員,学校関係者等による研究協議を実施し,その結果を教育委員会に報告する目的で,昭和59年度に発足した。

当初は登校拒否問題等懇談会として設置され,昭和60年度から,啓発資料『みんなでいっしょに考えてみませんか』〜登校拒否児童生徒理解のために〜を発行し,不登校児童生徒に対する有効な支援策について発信してきた。

登校拒否問題等懇談会は平成12年度まで継続され,この間に不登校に関する理解とその対策に係る事例集の作成,さらにはスクールカウンセラー等の配置事業,適応指導教室の設置に係る事業等について提言を行ってきた。

平成13年度からは,不登校問題だけでなく,児童虐待,児童生徒の安全確保,インターネット・携帯電話に関する諸問題,指導困難学級等の喫緊の課題に対する提言の必要性から,名称を生徒指導問題等懇談会と改めた。

生徒指導問題等懇談会

CONTENTS コンテンツ

生徒指導問題等懇談会
(中間報告)



概要

 今日いじめの問題は,学校教育における大きな課題である。これまでもいじめの発見や防止に向け,様々な対応策が検討され取り組まれてきた。しかしながら早期発見,早期対応の取組には限界があり,手遅れになることも少なくない現状から,児童生徒を「いじめに向かわせない」という未然防止の発想に立った取組が強く求められている。

そういった現状や必要性から,「いじめに向かわない児童生徒を育成する」ための「指導や指導体制の在り方」を検討してきた。1年目である今年度は,多くの児童生徒が,加害者になった経験があるという事実から出発し,加害行為に及んでしまう背景や原因を分析的に捉えて,「何を」,「どのように」育てれば,児童生徒は「いじめに向かわない」という意思をもって,自ら行動していくことができるのか,を中心に協議し,中間報告としてまとめた。

 

1 「いじめに向かわない児童生徒を育成する」にあたって

(1)学級集団の育成を通して行う

(2)学級担任の役割の重要性

(3)校内体制の重要性

(4)目指す児童生徒の姿

(5)取組の方向性

(6)指導及び指導体制の在り方について



2 教育委員会の取組について

(1)教員研修の見直しと充実

(2)いじめについての理解を促す授業の開発





平成27,28年度仙台市生徒指導問題等懇談会協議内容報告書

「いじめの未然防止に向けた取組の在り方」

〜いじめに向かわない児童生徒の育成〜




意識調査「いじめについて考える

意識調査の進め方