壮行会を行いました

10日に,高総体の代替大会の壮行会,そして,3年生の皆さんから後輩たちに思いを伝える会を実施いたしました。新型コロナウイルス感染防止対策として,密を避け,選手の皆さんと3年生の皆さんは体育館で,1・2年生の皆さんには教室においてオンライン配信をいたしました。放送部の皆さん,素敵なカメラワーク,ありがとうございました。久しぶりに見るユニホーム姿,選手の皆さん,とても立派でした。私は挨拶の中で次の4点を中心に話をいたしました。①代替大会はすべての競技で行われるわけではない。そして,ほとんどの競技は上位大会がない。しかし,日頃の練習の成果を発揮して,頂点を目指し,何にも負けない強い心,「仙商魂」をもってプレーすること。②忘れてほしくないこと。それは,感謝する心を持つこと。今まで支えて頂いた沢山の方々,見守って頂いた家族の皆さん,指導して頂いた先生方,そして,これまで一緒に活動してきた仲間,試合が出来るのは相手があってのこと,相手のチーム,選手の皆さんにも感謝の心を持つこと。③お願いがあること。3年生は,先輩たちから,伝統を継承してきたはず。その各部の伝統を後輩たちにしっかりと引き継ぐこと。それが3年生の大切な役目であること。④代替大会もなく引退する生徒の皆さんへ。「私たちの大会は何もなくなってしまったけれど,試合があって出場できるみんな,良かったな!心から応援しているよ!」,と心から言える皆さんでいてほしい。皆さんならそういう心を持てるはず。何故なら,皆さんは仙商生だから。学校はひとつのチームです。これからも,仙商というひとつのチーム,チーム一丸となって頑張っていこう!という内容を中心に話しました。何故か,生徒の皆さんの前だと「気合」が入ってしまいます(笑)。うちの子どもたち頑張っております。これからも仙商生への心からも声援,よろしくお願いいたします。

前の記事

学力状況調査

次の記事

教志塾②