六郷小連絡掲示板

六郷小学校から保護者のみなさんへの連絡用の掲示板です。

子供たちの心のケアのために

 文部科学大臣からのメッセージが発信されていますので紹介します。
 新型コロナウイルス感染症がまだまだ収まらない現状を受け,差別や偏見を防止するためのメッセージです。ぜひお読みいただき,子供たちへの声掛けもお願い致します。

文部科学大臣からのメッセージ
新型コロナウイルス感染症に関する差別・偏見の防止に向けて(令和2年8月25日)
児童生徒の皆さんへ
保護者の皆様へ

 六郷小学校では,このメッセージに先んじて,夏休み明け朝会の機会を使って,子供たちにメッセージを送りました。詳しくは,配付した資料をご覧ください。
 繰り返し伝えたのは,
●「私たちが戦う相手はウイルスであって人ではない」こと
●「四つの習慣」が自分でできることによって,「自分自身と自分の大切な人を守る」こと
の2つです。

 先が見えない不安な状況は,大人も子供も同じです。
 特に子供たちにとっては,我慢することが多く,ストレスもたまっていることと思います。「おなかが痛い」「なんかしんどい」様々な言葉で訴えてくることもあると思います。子供たちをまるごと受け止め,緩やかに大きな気持ちで対応して行けたらと思います。心配なことがありましたら,ぜひ学校にもご相談ください。一緒に考えていきましょう。

 今週始めに「生活アンケート」を実施しました。子供たちの訴えを少しでもキャッチし,子供たちの声を聞く取組を続けていきます。


 最後に,私たちが参考にした資料を添付します。
◆「思いやり」〜コロナを正しく知ってなかよく遊ぼう〜
2020.6.28 #コロナ最前線 小児科チーム有志

◆「新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!〜負のスパイラルを断ち切るために〜」
2020年3月26日初版
発行 日本赤十字社新型コロナウイルス感染症対策本部

◆子どもと関わる大人の方へ〜子どもの自律神経とストレスのお話
作成:国立成育医療研究センター
  • -
  • -

短い夏休み直前です

例年であれば夏休み2週目。PTAによるプール開放も行われ,子供たちの歓声が響く時期ですが・・・夏休み直前の1週間です。

そんな中でも,子供たちはよく頑張っています。暑さにも負けず,朝からしっぽとり鬼ごっこで走り回っていた子供たち。1年生や2年生は,育てているアサガオや野菜にたっぷり水をあげていました。5年生の呼びかけに応じて朝の六郷体操に参加した児童もたくさん見られました。全校児童を代表し,3年生の代表児童が市民センターに「マスクの御礼」を届けに行きました。

また,今週は,教室参観や保護者面談のための足を運んでくださる方も見られます。ご足労いただきありがとうございます。今年は参観いただける機会を作ることが難しい状況ですが,子供たちの頑張りをぜひご覧いただきたいと思います。

仙台市長よりメッセージが届いているので紹介します。

◎市長メッセージ
短い夏休みを楽しもう〜児童生徒・保護者の皆さんへ(8月 4日)」
  • -
  • -

学校再開から4週間

 金曜日の授業を終え,下校が始まりました。雨もあがって,「また来週!」と笑顔で挨拶できる児童が多く,うれしく思っています。

 今週は,学級の枠を超え,他のクラスや学年を思いやる行動が見られた1週間でもありました。感染予防のため委員会が機能していませんが,自ら仕事を見付け,動き始めた6年生がいます。下級生にお手本を見せようと,かっこいい「六郷ダンス」を練習している5年生もいます。給食時間には,きずなキャンペーンの一環として各クラスの目標が発表され,個人の目標が語られました。テレビの中の友達を応援する児童の声も聞かれ,あたたかな気持ちになりました。

 一方で,疲れが出始め,不調を訴える児童も見られる1週間でした。
 「やらなければ」という気持ちと「やりたくないなぁ」という気持ちとのバランスが崩れ,「やらなければ」だけでは動けないこともあります。そんなときはゆっくりと休養をとることが必要なのかもしれません。
 3か月も日常と違う生活を送ってきたのです。今だって,学校が再開したとは言え,マスクをしたり人と距離をとらなければならなかったり,我慢しなければならないこともある生活を送っている子供たちです。
 頑張るだけでなく,適度な休養も取り入れながら,乗り越えていきましょう。子供の不調に一喜一憂せず,大人は大きな気持ちで構え,目標を先に見据えて取り組んでいきましょう。お子さんの様子で心配なことが見られましたら,ご家庭だけで抱えず,ぜひ学校にもご相談ください。同じ方向を見て,支え合っていけたらと思います。

 
 本日,今後の予定についての目安をお知らせしました。お子さんを通じてプリントを配布しておりますので,確認をお願い致します。
  • -
  • -

感染症対策に関する対応について〈文部科学省〉

6月15日付けで,文部科学省より情報が出されていますので紹介します。保護者の皆さんへのQ&Aもあります。

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について」6月15日
  • -
  • -

仙台市長からのメッセージ

 6月も3週目となりました。
 梅雨に入り,じめじめとした季節がやってきました。久しぶりに校庭もしっとりとして,砂が舞い上がることも少しは減ってくれることでしょう。
 今日は梅雨の合間の晴れ間と聞きます。先週から使えるようになったエアコンを上手に取り入れながら,学習に集中できる環境づくりに努めていきたいと思います。

 さて,仙台市長からのメッセージを紹介します。
◎市長メッセージ
「市長メッセージ児童生徒の皆さんへ(いじめ等相談支援室S-KET開設)6月12日」

リンク先URL:https://sites.google.com/view/sendaikyoiku/home/ms1

 いじめのない学校を目指して,本校では,先週クラスで目標を話し合っています。それを受けた各自の取り組みや目標(きずな宣言)を立てました。今日からお昼の放送で紹介する予定です。
 一方,友達との関係で悩みがある児童もいることと思います。今日からの二者面談の機会に,担任と児童がじっくりと話をする時間を設ける予定です。臨時休業中の過ごし方や再開した学校生活のことについて,一人一人の声に耳を傾けます。

 
  • -
  • -

始業式から1週間

令和2年度の始めの1週間が終わりました。

業間や朝の休み時間に外遊びをしたり,体育の学習で走ったり踊ったりするような姿も見られるようになり,やっと小学生らしい笑顔が見られました。少しずつ通常の生活に近付いていることを感じます。

とはいえ,3か月の臨時休業と自粛生活の後の学校生活です。子供たちには疲れている様子も見られました。

週末は,ゆっくりと休んでいただき,来週からの生活の準備をしていただけたらと思います。

また,ご家庭で気になる様子が見られましたら,遠慮なさらずに担任までご相談ください。
  • -
  • -

子供の心のケア〈参考資料〉

5月28日に「子供の心のケア」に関する職員研修を行いました。
講師は本校のスクールカウンセラーです。
今回は,特にストレスマネジメントの中でも「リラクゼーション」に関すること。
受講生である私たちにとっても,ふーっと力の抜けるよい時間となりました。

子供たちには,学校開始から2週目にリラクゼーションの時間をとる予定です。

参考になったHPを紹介します。

国立生育医療研究センター「新型コロナウイルスと子供のストレス
  リラクゼーション編
  頑張っている君たちへ 学校再開にむけてメッセージ


 3回目の登校日を終え,徐々に子供たちにも余裕や笑顔が見られるようになり安心しています。先週の登校日には,緊張している様子がうかがえました。教室内で過ごしている時にも,「してはいけないこと」がいっぱいあって,のびのびと過ごすには至っていません。きっと短時間であっても,緊張して過ごしていることでしょう。
 来週からの学校再開で集団生活が始まると,疲れが溜まっていくことと思います。緩やかにスタートさせる予定ではありますが,子供たちの様子をぜひいつも以上に観察していただき,心配なことがありましたら担任までお知らせください。
 そして,私たち大人も,時々リラクゼーションの時間をとって,自分と向き合う時間をとりませんか?
  • -
  • -

市長からのメッセージ

学校再開に向けて,仙台市長からメッセージが届いています。保護者の皆様にもご一読いただけますよう,ご紹介いたします。


新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ 
学び舎に子どもたちの笑顔を!−学校再開後の対応−(5月21日)
  • -
  • -

給食だより No.6

 本校栄養教諭からの「きゅうしょくだよりNo.6」を紹介します。

今回は給食再開に向けた大事なお知らせと,持ち物のお願いを載せました。ご確認いただき,ご準備をお願い致します。

< バックナンバー >

「きゅうしょくだよりNo.5」
きゅうしょくだより No.4」>※給食だよりNo.4に記載の六郷小学校メールアドレスに誤りがありました。正しくはrokugo@sendai-c.ed.jp です。

きゅうしょくだより No.3
きゅうしょくだより No.2
きゅうしょくだより No.1
  • -
  • -

新型コロナウイルスの3つの顔〈日本赤十字〉

 私たちが戦っている見えない敵「コロナウイルス」
 じつは,このウイルスには「3つの“感染症”」という顔があるのだそうです。そして,知らず知らずのうちに私たちも影響を受けているのです。

 日本赤十字社が,資料と動画を提供してくださっています。動画の方は,お子さんにもわかりやすい内容になっていました。ぜひ,お子さんと一緒にご覧になり,正しい知識をしっかり理解し,3つの感染症に負けない心を育てていきましょう。そして,周りにいるいろいろな人に『ありがとう』が言えるよう,協力したり敬意を払ったりできる優しさのある生活を目指したいですね。

日本赤十字社
◇資料
 新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!
 〜負のスパイラルを断ち切るために〜
◇動画YouTube
 ウイルスの次にやってくるもの
 
  • -
  • -
1/5 >>