本文へスキップ

中山中学校は今年創立43年目を迎えます。

学校紹介

学校紹介

1. 学校の概要

 本校は,仙台市青葉区北部の閑静な住宅地のほぼ中央に位置しており,中山・西勝山・川平等の団地を含む広大な地域を学区としています。丘陵地のため眺望も良 く,校舎からは仙台の街並みや太平洋を遠くに望むことができます。近くには明成高等学校や,宮城学院中学校高等学校,東北福祉大学など多くの文教施設があり,教育環境に恵まれています。
 40年前の開校時より,緑化活動を通しての教育環境整備に力を入れており,校地内の樹木や花壇の手入れ等は,生徒・保護者が一体となり活動しています。また, 心の教育の一環としてボランティア活動を重視しています。東日本大震災では多くの生徒が避難所の運営協力に献身的に取り組み,地域の一員としての積極的な姿勢が地域の方々より評価されました。
 在籍する生徒は,中山小学校・川平小学校の卒業生が主体です。生徒は,温厚で誠実ですが,基本的生活習慣が十分身に付いていないといった実態が,学校評価外部アンケートに示されました。特に「挨拶や言葉遣い」については,保護者アンケートにおいても課題となっており,協働型学校評価の重点目標としました。また,自己肯定感が希薄で他を思いやる心が不十分な面があり,今年度も校内研究において,多様な体験活動を通した「豊かな心の育成」を目指し,主に道徳・特別活動・総合的な学習の時間を通して研修を進めています。
 保護者の教育への関心は高く,PTAを中心に学校説明会や職場体験活動を始めとした各種の行事に参加・協力をいただいています。本校としても多様な情報公開を積極的に行い,地域とともに歩む学校づくりの推進を図ってまいります。


2. 学校教育目標

自他を敬愛し,自主性を高め,心身ともに健康で,創造性に富む人間性豊かな生徒の育成を期する。
 
   目指す学校像

   ・ 生徒の生きる力を育む学校
    ・ 教職員が互いに高め合う学校
    ・ 家庭・地域とともに歩む学校

   目指す生徒像
   ・ 「自主」:確かな思考力と判断力をもつ生徒
    ・ 「友愛」:思いやりの心をもち,集団の一員として互いに協力する生徒
    ・ 「実践」:勤労と奉仕を尊び,たくましく実践する生徒

   目指す教職員像
   ・ 生徒一人ひとりの個性を尊重し,生徒理解に努めながら,その能力を伸ばす教職員
    ・ 教育に対する使命感をもち,常に研究と修養に努め,資質向上を図る教職員
    ・ 公務員としての自覚をもち,組織の一員として切磋琢磨できる教職員
    ・ 常に課題意識をもち,保護者・地域と協働して課題解決を図る教職員


3. 校章の由来
  昔,中山の地で弓を使って鹿狩りが行われていたという歴史的由来にちなんで三本の「矢」をデザイン 化しています。矢じりの光は,知・情・意の三つの完成を目指し,純白の矢羽で仲間同士が,素直な心で 協力・発展することを願い,中央の丸い的は,調和の取れた円満な人格の形成を象徴しています。