【2月7日(水)】放送朝会(あいさつについて)

今朝の放送朝会で,あいさつについての自主制作ビデオを全校に流しました。

学校前の横断歩道でいつも交通指導をしてくださる方々への挨拶,信号のない横断歩道で停車し道路を渡らせてくれた運転手の方々への挨拶が十分でないという子供たちの現状を踏まえてビデオを作成しました。

ビデオには6年生の計画委員が出演し,悪い例と良い例を演じました。

最後に道徳の「おうだんほどうで」という資料を読み聞かせました。

今年度も残り少なくなりましたが,「自分から進んで,より多くの人に,気持ちの良い挨拶ができる児童の育成」に向けて,学校としてさらに力を入れて取り組んでいきたいと考えています。

DSCN6489.JPG
DSCN6510.JPG

【1月26日(金)】挨拶にひと工夫

【挨拶にどんな工夫をしたらいいのか?】

 挨拶は普段の生活の様々な場面で行われています。

 例えば,「おはよう」,「行ってらっしゃい」,「お帰りなさい」,「お休みなさい」等々。

 挨拶を行う際には,どんな気持ちを込めたらいいかを考えて,気持ちを込めて挨拶をするといいそうです。

 ◆ 「おはよう」 (例えば・・・今日も元気だね。頑張ろう。)

 ◆ 「行ってらっしゃい」 (例えば・・・車に気を付けて。いい1日を過ごしてきてね。)

 ◆ 「お帰りなさい」 (例えば・・・無事に帰ってきて良かった。今日一日頑張ってきたのね。)

 ◆ 「お休みなさい」 (例えば・・・今日一日お疲れ様。ゆっくり休んでね。明日も頑張ろうね。)   

 そして,さらにどんな工夫をすると相手により伝わりやすくなるかを考えるといいそうです。

 例えば,

 ◆ 満面の笑みで挨拶をする。
 
 ◆ 元気な声で挨拶をする。

 ◆ ハグしながら挨拶をする。

学校でも,各学級で挨拶の指導をする際に,「気持ち」と「工夫」の視点を大切にしていきたいと思います。

 ご家庭の中で交わす挨拶をお子さんと振り返る際に,^Щ△帽める気持ち,挨拶に込めた気持ちがより相手に伝わる工夫という二つの視点を大切にしていただけるとありがたいです。

【1月23日(月)】子供たちの現在の挨拶の様子は?

1月末現在,本校児童の挨拶の取組について,.学年毎に教職員で子供たちの状況を振り返りました。

◆1年・・・「おはよう」の他に,「ありがとう」が言える子が増えてきた。

◆2年・・・担任の先生以外にお世話になる先生が教室に入ってきた時に,自分から「おはようございます。」,お帰りになる時には「ありがとうございました。」と言えるようになってきた。

◆3年・・・教室に灯油を持ってきてくださっている技師の方々に「いつもありがとうございます。」と自分から言えるようになってきた。

◆4年・・・子供に学校評価の結果を伝えた。自分たちはよく挨拶をしていると思っていたが,先生たちから見ると,そうではないことに気が付くことができた。意識はしているようだが,昼休み等で先生たちとすれ違った時は挨拶できていない。

◆5年,6年・・・授業の始めと終わりの挨拶がしっかりしている。6年生は,「礼」というと「お願いします。」「ありがとうございました。」という挨拶ができている。廊下での挨拶が減っている。

今年度も残りあと2か月あまりとなりました。

気持ちの良い挨拶のできる児童を育てていくために,具体的に指導してまいります。
ご家庭でのご協力をお願いいたします。

【1月19日(金)】夢塾での挨拶の様子

夢塾のスタッフの方々に,参加児童の挨拶について聞いてみました。

【挨拶の良い児童】

◆教室に入ってくる時に「こんにちは」という挨拶をする。
◆プリントの丸付けをお願いする時に「お願いします」という言葉を言ってプリントを渡す。
◆丸付けをしてもらったプリントを受け取る時に「ありがとうございました」という言葉を言って受け取る。

【挨拶の良くない児童】

◆教室に入ってくる時に黙って入ってくる。
◆プリントの丸付けをお願いする時に,黙ってプリントを渡す。
◆丸付けをしてもらったプリントを受け取る時に,黙って受け取る。

*お世話になっている方々への挨拶について,各学級でも指導をしているところです。
「こんにちは」,「さようなら」,「お願いします」,「ありがとうございます」。。。これらの挨拶は大切です。このような挨拶をしてもらうとスタッフの方々は大変嬉しいそうです。

【11月22日(水)】11月はいじめ防止月間

松森小学校では,朝・昼の放送を利用して,次のコマーシャルを毎日放送しています。

(以下アナウンス原稿)

松森小学校では「いじめ」をなくすために,行動宣言を決めました。

 〆い辰討い訖佑鮟ける。

◆〜蠎蠅竜せちを考える。

 感謝の気持ちを大切にする。

以上,三つのことを大切にして,いじめのない学校を作りましょう。

【11月1日(水)】「いじめ防止」標語

本校で実施した「親子で考える標語コンクール」の「いじめ防止」標語の優秀作品です。

【5年男児】(佐々木君の作品)

 ちょっと待て 自分だったら どう思う


* 無意識に,考えずにしてしまっていることに「ちょっと待て」と立ち止まる。そして「自分だったらどう思うだろう」と考えてみることは,とても大切なことです。
 自分は嬉しい,自分は楽しい,自分は悲しい,自分は寂しい,自分は嫌だ・・・。
 きっと人も同じ気持ちに違いない。このように相手の立場に立って物事を考えることのできる心の豊かさを育てていきたいと思います。

【11月1日(水)】挨拶標語(入選)

挨拶標語の入選作品です。

【1年男児】

 あいさつで みんなともだち なかよしだ

* 挨拶は,人間関係の潤滑油とも言われます。
  挨拶は,より良い人間関係が始まる,人間関係が深まるきっかけとなります。
  挨拶にはそんなパワーがあることを子供たちに伝えていきたいです。

【10月26日(木)】挨拶標語(入選)

挨拶標語の入選作品です。

【1年女児】

 あいさつは しあわせになる いいことば


* 相手を幸せにする挨拶の言葉。
  気持ちの良い挨拶の言葉を子供たちと一緒に交わしていきたいです。
  ご家庭でも,気持ちの良い挨拶ってどんな挨拶かを話し合ってみてください。

【10月24日(火)】挨拶の標語(優秀作品)

挨拶標語(優秀作品)
  
【5年女児】

  挨拶は みんなの笑顔 広げてく

* 挨拶されて嫌な気持ちになる人はいないと思います。自分がした挨拶で,多くの人の笑顔を広げていくことは素敵なことだと思います。挨拶には,そんな力があるのではないでしょうか。



 

【10月20日(金)】あいさつ標語(優秀賞)

あいさつ標語(優秀賞)

【4年女児】

 あいさつを 心を込めて 伝えたい


* 心のこもっていない挨拶は,人の心に届きません。
  相手に心に届く挨拶って素敵だと思います。
  子供たちと共に取り組んでいきたいと思います。