2020/05/29 金

郡中生へのエール28

 長い臨時休業が終わり,いよいよ6月1日から学校再開です。これまで,3回の登校日がありました。はじめはいつもと違う登校時間に戸惑い,遅れる人が見られましたが,2回目,3回目になるときちんと時間に合わせて登校するようになりました。郡中生が段階を踏むことで,成長している様子を感じました。先生方も登校日の日はとても楽しそうでした。「やっぱり、生徒がいないと学校は始まらない。生徒が主役だ。」ということを強く感じました。郡中の先生方が一丸となって、学校再開の準備を進めてきましたが,初めから元通りの学校生活にはなりません。3密を避け,ソーシャルディスタンスを意識した「新しい生活様式」を一人一人が身に付けていかなければなりません。段階を踏みながら、少しずつ前進していきましょう。月曜日に皆さんと顔を合わせることを職員一同楽しみにしています。
校長 丸山

2020/05/29 金

郡中生へのエール27

 登校日に久しぶりに学校に来る皆さんが,友達と会ってうれしそうにしている姿を見ていると,1日も早く皆さんが安心して生活できる日が来ればと強く思います。
皆さんが今,やりたいことを我慢しながら頑張って生活していること,誰かのために優しい気持ちを持つことが,大切な仲間との時間を取り戻すことに必ずつながるはずです。
みんなでこの状況を乗り越えましょう。
みんなのために!
One Team!

生徒指導主事 門間

2020/05/29 金

郡中生へのエール26

みなさんの元気な声が聞こえなくなった校舎は,自分の足音が響いて感じるほど空虚で,とても寂しいです。休業中の家での生活では,家の仕事の手伝いをしたり,家族と話したり,今まで以上に家族との時間を持つことができたのではないでしょうか。そして,学校や仲間たちと離れた時間も,家族とずっと家で過ごした時間も,学校の中では得られない,みなさんにとって貴重な学びの時間だったと思います。
今後もまだ先が見えずに,今年度はいつもと違う一年になってしまいますが,みなさんと過ごすこの一年の間,先生や仲間たち,先輩後輩たちと,小さいことでも「素敵な思い出」を積み重ねていきましょう。そして,みんなが大人になったとき「こんなことがあったよね。」と仲間と笑顔で思い出を語り合えるようにしていきたいですね。
みんなが学校にいない寂しさも,あとわずかのようです,みなさんが学校に戻ってきて再び明るい声が校内にあふれることを,新入生のみなさんを郡中に迎えられることを,そして,美術の授業でみなさんと共に学べることを楽しみにしています。
3学年担当 竹内

2020/05/28 木

郡中生へのエール25

「いってきます」「いってらっしゃい」
普通の日常まで,きっと,もうすこし。
みんなで一緒に考えて,行動していきましょう。
見えない不安に負けそうになったら,楽しいことを見つけていこう。
今日は何回笑った?

2学年 澁谷 

2020/05/28 木

郡中生へのエール24

世界中が新型コロナウイルスと闘っている今,たくさんのことを我慢しながら過ごしている人が多いと思います。当たり前の日常が幸せだったのだと改めて気付くとともに,これから始まる新しい学校生活で皆さんと過ごせる時間を大切にしていきたいと感じています。つらいからこそ手を取り合って,苦しいからこそ芯を強く持って,困難を乗り越えていきましょう。そして,こんな時だからこそ,心豊かに過ごしていきましょう。

2年4組担任 佐藤千穂

2020/05/27 水

郡中生へのエール24

そろそろ,覚えている人が少なくなってきたかもしれません。2011年3月11日の出来事を。私はその夜,岩切中学校の屋上から仙台港で発生した大規模な火災を見ていました。東側の空に紅蓮の炎が見え,ラジオからは津波の断片的な被害の様子が伝わりはじめていました。今後のことが見通せない不安の中で校舎に戻ろうとしたところ,西側は漆黒の闇・・・と,思ったら,満天の星空でした。真上には天の川,一緒にいた先生方と息をのんだことを昨日のことのように覚えています。同じ星空を七北田中の避難先で見ていた人がもう1人・・・,当時高校1年だった羽生結弦選手です。羽生選手は今回のコロナウイルスの感染拡大を受けて,こんなメッセージを発信していました。「真っ暗闇なトンネルの中で,希望の光を見いだすことは,とても難しいと思います。でも,3・11の時の夜空のように,真っ暗だからこそ見える光があると信じています。どうか無理をなさらず,周りにいる方々を信じて頼ってください。そして,皆様が心から笑顔で語り合える日々が来ることを祈っています」羽生君・・・なかなかいい感性ですね。

教務主任 生駒

2020/05/27 水

郡中生へのエール23

臨時休校が続き,自粛ムードで行動も制限されている中,学校再開を待ち望んでいる人も多いかと思います。先生たちも同じ気持ちです。早く生徒の皆さんと一緒に学校生活をスタートさせたい,そう思い,日々皆さんを迎える準備をしています。我慢の時です。ここで忍耐強さを身につけましょう。今回の経験で得たものは将来役に立つでしょう。皆さんと会えるのを楽しみにしています。

1年3組担任 菅野

2020/05/25 月

郡中生へのエール22

1年生の先生方からのメッセージです。
IMG_2126.jpgIMG_2128.jpg
「顔を上げて前に進もう!」
どんなに苦しい状況にあっても,下を向くな!前を向いて,笑顔で進んでいこう!きっと明日はいいことがある!

2020/05/22 金

郡中生へのエール

 「はじめること,そしてまた,はじめること」
はじめるのは得意だけど,なかなか長続きをしない人いませんか。問題ありません。また,はじめればいいのです。
 はじめたのはいいけれど,いつも3日坊主になる人はいませんか。そのことにいつも苦しんでいる人もいると思います。だけど,3日坊主を月に10回繰り返せば,1ヶ月続くことになります。考え方を変えることで,続けられると思いませんか。
 やり直しは,何度でもできます。チャレンジする精神さえあれば,未来につながるのです。誰にでも希望と夢があります。いつも,いつまでも・・・。
今の機会をチャンスと考えてみましょう。みんなならできる。絶対に・・・。

1年1組担任 田畑

2020/05/22 金

郡中生へのエール

 休校になってからの毎日,みなさんどのように過ごしていますか?自由に外に出かけられない,なかなか友だちとも会えない中,ストレスを感じてはいませんか?このような状況で,ストレスや不安,恐怖などを感じることは自然なことです。家族と楽しい話をして,バランスの良い食事をとり,身体を動かしましょう。友だちと連絡を取って,気分転換するのも良いですね。もう少しで学校に登校できる日が来ます。そのときは,学校でたくさん楽しいことを見つけてくださいね。辛いときは,誰かに気持ちを話すことも大事です。5/28はカウンセリングルームに居ます。気軽に利用してくださいね。

スクールカウンセラー 田中
1/3 >>