上杉山通小学校

TOP

学区概要

☆ 『学区の風景』
上杉山通小学校の学区の一部を写真で紹介します。
地図上の番号は,下の写真一覧の番号を表しています。
☆ 『上杉山通小学区について』 

(1) 地形
 当学区は、広瀬川の流路に発達した河岸段丘の第二段に属する段丘にあるとみられている。新生代の沖積土(第四紀層)に属している。

(2) 歴史
 伊達政宗の仙台開府当時(1601年)は、市街地に接する荒地であった。 寛永年間(1624年〜1643年)に、当学区の南半分に当たる北四番丁以南と、寛文年間(1644年〜72年)には、当学区の北半分に当たる地域が市街地として開けた。
 東西に通じる北一〜八番丁と名称のある道路は、開府当時の旧市街地からの延長上としてできあがった。また同時に、杉山台(現在の台原)に通じる道の意味で、中杉山通、杉山通、上杉山通などの南北に通じる道路が出来、組士以下(中・下級武士)の屋敷地として市街地を形成した。
 現在は一部往昔の面影をとどめているが、マンションやオフィスビル等の建築により、景観は大きく変貌している。

3) 学区の環境
 当校は仙台市のほぼ中心部北地域に位置し、校地の東側を54年に拡張整備された市道愛宕上杉線が南北に走り、学区内はバス、地下鉄が発達し、交通網は整備されている。
 学区には県庁、市役所をはじめ国の合同庁舎、北税務署、放送局、簡易保険センターなどがあり、県や市の行政の中心となっている。
 また宮教大附属小中学校、県立視覚支援学校、私立幼稚園、各種の専門学校等、幾多の文教施設もある。
 学区のほとんどは古くから静かな落ち着いた住宅地として発達し、公園・ちびっこ広場等が整備されてきた。さらに近年は、設備の整ったマンションの建設が目立ってきている。

  
 
 昭和町歩道橋 2 愛宕上杉通  学区北端付近
台原方面
5 辻標
『上杉山橋』
北六番丁交差点
6 フラワーロード
上杉山中付近
学区西端付近
地下鉄北四番丁駅
 外記丁公園
 北四番丁の辻標 10 勝山公園 11 上杉児童館 12 上杉公園 13 学校南側の
風景
 
14 旧NHK仙台放送局 15 愛宕上杉通 
学校前の交差点
 
16 大通りを離れると
古くからの住宅街
17 錦町公園から,愛
宕上杉通を臨む
18 学区の南端付近,錦町公園 19 雨宮・磐上神社 20 JR仙山線
北仙台駅
 
 21 仙台北警察署

(4)学区域一覧

柏木 一丁目 1番の一部,
上杉 一丁目
二丁目
三丁目
四丁目 1〜5番,6番の一部
五丁目
六丁目 1〜5番,6番の一部,
7〜9番,10番の一部
木町通 二丁目 1,6番の一部
国分町 三丁目 1番,6番の一部,7番
台原 一丁目 1〜3番,
4,6〜8番の一部11番,
12番の一部
六丁目 1番
堤町 一丁目 1〜4番,10番の一部,11,12番
錦町 一丁目
二丁目 1,4,5番の一部
本町 一丁目 6番の一部,7番,10番の一部,11〜15番
二丁目 7〜9,11〜13,20番の一部,21番
三丁目
宮町 二丁目 1番の一部
三丁目 1〜4番,5,7,8番の一部
昭和町 1〜3,6番
堤通雨宮町 1番,2番の一部,5〜10番
二日町 1番,2,6,7,11番の一部,
2,13番,14,18番の一部