玉こんにゃく

本日の給食は「こぎつねごはん、豚肉と大根の炒め煮、玉こんにゃくの煮物、ししゃものフリッター(ソース)」です。

本日は「玉こんにゃくの煮物」を紹介します。

玉こんにゃくに、短時間で味を染み込ませ、色濃く仕上げるには、ちょっとしたコツがあります。

実はこんにゃくを下ゆでした後に、から煎りをするのがポイントです。こんにゃくの成分の大半は水分です。なので、そのまま煮たのでは、味がなかなか入りません。味をつける前に、空鍋でよく煎って水分を抜きます。「バチバチ」と音が激しくするほど煎ります。中心が熱くなるまで時間をかけて火を通すと、こんにゃく特有の臭いを抜くこともできます。

抜けた水分のところに煮汁が入りやすくなり、結果的にきれいな「玉こんにゃく」となります。

ぜひ、ご家庭などでお試しください!

DSCF0742

DSCF0744
しっかりと「あく抜き」します。
DSCF0745
あく抜き後「から煎り」をします。
DSCF0752
玉こんにゃくの煮物
DSCF0741
[だし]として「するめ」と「昆布」を使用しました。
DSCF0760
本日の給食

— posted by shokuiku at 12:38 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0089 sec.
prev
2014.12
next
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31