第2学期始業式

 秋休み中,大きな事故やけがもなく,元気に第2学期始業式を迎えることができました。 校長の話は,まず,簡単な実験をしました。振ると色が変わる液体を見せました。 それをきっかっけに,次のような話をしました。

 今日は「不思議だなと思う気持ちを大切にしてほしい」というお話をします。 金子みすずさんの詩で「ふしぎ」という詩があります。

  わたしはふしぎでたまらない、黒い雲からふる雨が、銀にひかっていることが。  わたしはふしぎでたまらない、青いくわの葉たべている、かいこが白くなることが。  わたしはふしぎでたまらない、たれもいじらぬ夕顔が、ひとりでぱらりと開くのが。  わたしはふしぎでたまらない、たれにきいてもわらってて、あたりまえだ、ということが。

 この詩は、金子みすずさんがふだん何気なく見ている風景の中に目をやり、不思議に思ったことを、素直に言葉にしている詩です。「ふだん何気ないと思っていたことに目を向けて、あらためて不思議に思うこと」は、とても大切です。 皆さんも、不思議に思うことをさがしてみてください。
IMG_4366

— posted by hirose at 04:28 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.0451 sec.
prev
2014.10
next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31