コンソメスープ

本日の給食は「チキンピラフ、コンソメスープ、鮭の香草焼き、冷凍りんご」です。

今日は「コンソメスープ」を紹介します。広瀬小学校の「コンソメスープ」や「野菜のスープ」のだしは、スープで使う、パセリやセロリからでる「くき」や「葉っぱ」に「ローリエ」を加えて取ります。いわゆる「ブーケ」というものです。

「だし」と言うと「かつおぶし」や「にぼし」、または「鶏」や「豚」など動物性のだしを思いうかべる人が多いと思いますが、私は風味や香り、旨みが増すものは皆「だし」と考えます。

たとえば、給食では実際には使用しませんが、「切り干し大根」の戻し汁なども風味や香りが高いので、切り干し大根の炒り煮などの仕上げに少量使ったりもします。

子どもたちには、自然の旨みや、野菜の香りなど、本来、食物がもっている「だし」を感じてもらえたら、いいなあと思います!

DSCF9263
ローリエ、パセリの茎、セロリの葉っぱ
DSCF0087
煮出すと香り高い「だし」になります。
DSCF0101
コンソメスープ
DSCF0102
本日の給食

— posted by shokuiku at 04:27 pm  

T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
  • Basic
Created in 0.1787 sec.
prev
2014.7
next
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31