仙台市歴史民俗資料館

home
企画展
常設展
イベントカレンダー
資料館の紹介
所蔵資料の紹介
資料館ノート
利用案内
刊行物の案内
リンク集
学校見学について
こども★コーナー
 

資料館ノート

 資料館ノートでは、主に仙台地方の民俗や歴史に係わること、また収蔵資料のトピックスなどを順次紹介していきます。
 ここで取り上げてほしいこと、知りたいことなど、ご要望がありましたらご連絡ください。

仙台市歴史民俗資料館建物

 現在仙台市歴史民俗資料館として使用されている建物は、明治7年(1874)竣工の陸軍歩兵第四連隊の兵舎を移築したもので、宮城県内に現存する最古の洋風木造建築物です。
 構造は、木造二階建て寄棟造瓦葺(よせむねづくりかわらぶき)で、布基礎(ぬのきそ)安山岩(あんざんがん)の切石積み、壁は漆喰(しっくい)塗りです。外観には、洋風円柱のポーチや建物の角隅を装飾した玄昌石(げんしょうせき)のコーナーストーン、館内には、雲形の彫刻をもつ階段、ガラス入り上下窓などの特徴がみられます。
 兵舎は、第二次世界大戦が終結する昭和20年(1945)8月までの約70年間、旧日本陸軍に使用されました。終戦後は、昭和31年(1956)6月まで米軍が駐留し、返還後の同年11月から昭和50年(1975)まで東北管区警察学校となりました。その後、榴岡公園の整備に伴い昭和52年までに建物の多くは解体されますが、最も保存状態の良い兵舎1棟が残され、昭和53年(1978)6月16日に仙台市有形文化財に指定されました。現在の資料館の場所への移築復元は同年11月1日着工、昭和54年(1979)3月31日に竣工し、明治37年(1904)当時の外観構造に復元保存されました。そして、翌昭和54年11月3日に仙台市歴史民俗資料館として開館しました。


●歩兵4連隊/明治41年

●昭和50年当時の榴岡
 連隊時代のおもかげをとどめている。

●現在の資料館

●洋風上下式窓