<< 自分づくり夢教室 | main | 幼小交流 >>

6年:薬物乱用防止教室

薬物乱用防止教室は,学校薬剤師や薬物乱用防止指導員の協力を得ながら,児童生徒等に対し,薬物乱用の危害に対する正しい知識の普及啓発を推進することにより,児童生徒等が薬物乱用の現状や心身への弊害等を身近な問題と捉え,薬物の誘惑に対する対処法を身につけることを目的として開催されます。

本校でも,学校薬剤師 石井健太郎先生にご来校いただき,6年生を対象に行いました。

s-DSC04431.jpg






薬物を社会的規範から逸脱した目的や方法で使うことを薬物乱用といいます。
ここでいう薬物とは,次のようなもので,脳や神経細胞に作用して,気分を変えるあらゆる物質があたります。
1 酒・たばこ
2 覚醒剤・コカイン・マリファナ 等
3 シンナー・接着剤・塗料
4 危険ドラッグ・脱法ドラッグ
5 医薬品(適切な利用をしなかった場合)
これらを乱用すると脳や身体の成長に,大きなダメージを与えてしまいます。
また,薬物には依存性があるので,一度手を出すとやめられません。

子供たちは真剣な表情で,石井先生の話に真剣に耳を傾けていました。
各ご家庭でも,絶対に薬物乱用をしないということについて,ご指導いただきたいと思います。