<< 地震想定避難訓練 引き渡し訓練 | main | 自分づくり夢教室 >>

3年:キャップハンディ体験

3・4校時に,3年生は,総合的な学習の時間に,仙台市健康福祉事業団の方をお招きし,「キャップハンディ体験」を行いました。

「キャップハンディ体験」とは、「ハンディキャップ」(不利な条件)の前後を入れ替えてつくられた言葉です。
「立場を入れ替えて考えよう」という気持ちがこめられた言葉だそうです。

3時間目には、「高齢者疑似体験」を行いました。
両足首や利き手の手首におもりを付け,おもりのついたベストを着て,視界を狭くするためにゴーグルをし,聞きづらくするために大きなヘッドフォンを装着するなどして,準備完了です。

s-DSC04410.jpg










椅子に座ったり椅子から立ったり,友達と会話してみたり,平らなところや段差を歩いてみたりしました。
また,軍手を付けた手で,冊子のページをめくったり,カードを床から拾ってみたりしました。

s-DSC04411.jpg








4時間目には,車椅子体験,白杖体験をしました。

車椅子体験では,実際に一人で車椅子を動かしたり,補助をしたりされたりしながら車椅子での段差体験も行いました。
段差にあがるときにはそんなに難しくないようでしたが,段差からおりるときには,どの子も車椅子を”どん”と音を立てて,おろしてしまいました。
ちょっと難しかったかもしれません。

s-DSC04419.jpg






白杖体験では,アイマスクをして段差を足で確認しながら歩いたり,白杖を使って障害物の有無を確認しながら歩く練習をしました。
今日は,段差のある場所に気づいていて,うまく歩くことができましたが,初めての場所だったらできなかったかもと話している子がいました。

s-DSC04427.jpg






3つの体験をもとに,今後は,高齢者や障害を持った方の気持ちにより添いながら,これらの方々が普段の生活で困っているところがないか確認したり,私たちが気を付けなければならないこと,工夫しなければならないことを考えていきます。