<< プール開き | main | スポーツテスト >>

仙台市シェイクアウト訓練

仙台市シェイクアウト訓練に参加しました。

発災想定(今回の訓練の災害想定)は,平成29年6月12日(月曜日)午前9時,長町・利府線断層帯を震源とする都市直下型地震が発生し,マグニチュードは7.5で,仙台市内における最大震度は6強を観測したという想定です。

地震発生時刻にあわせて、地震による揺れを感じたという想定で,
机の下などの安全な場所に
「まず低く」,
「頭を守り」,
「動かない」
の3つの行動を各自行うことを目標にして行いました。

各教室では,訓練地震発生の放送後,机の下に体を入れ,身を守る様子が見られました。
どの子も口を開かず,真剣に取り組んでいました。

s-DSC04154-1.jpg





宮城県沖地震から39年,東日本大震災から6年です。
改めて,発災時に身を守るにはどうしたらよいか,災害に備えて何をどのように準備しなくてはならないのかを考える契機にしていきたいと思います。

なお,本校の避難訓練,引き渡し訓練は,今週16日(金)に予定しています。
よろしくお願いします。