<< 仙台市児童・青少年健全育成大会 | main | 5年 三校交流 校外学習 >>

和食の日

11月24日は,和食の日でした。

「和食」は,ユネスコ無形文化遺産登録以降,国内外で話題にのぼる機会が大変多くなりました。
また,次期学習指導要領には,「だし」「和食」の重要性が改めて強調されています。

さらに,この時期の子供は食の大切さを学ぶ上では,味覚形成の大変重要な時期です。
この時期に本物「だし」のうま味を体感することは,記憶として鮮明に残り,和食文化に興味を持つきっかけにもなるそうです。

そこで,24日が土曜日だったので,本校では,今日の給食が「和食の日」メニューでした。

給食.jpg













 だいずいりしそごはん
 あげだしどうふ
 さわにわん
 みかん
 牛乳

栄養士の先生から,”いただきます”の前に「和食の日」についてのお話がありました。
栄養士.jpg













「だし」のうま味をたくさん感じることのできるメニューでした。
子供たちは,いつも以上に「だし」のうま味を味わい,だしについて考えながら給食を食べていたようです。

先日,「和食の日」に関わるお便りも配布しています。
ご家庭でも「だし」や「和食」について,話題になさってはいかがでしょうか。