<< 地域防災訓練 | main | 仙台市児童・青少年健全育成大会 >>

スチューデントシティ

6年生は,AER(アエル)8階にある仙台子ども体験プラザ内スチューデントシティで,学習してきました。


スチューデントシティは,協賛企業等の店舗や,市役所ブース(住民登録や納税を行う場所)等を模したブースからなる「街」を再現した施設で,ブースに再現された店舗・事業所で働く体験等を通じて,社会と自分との関わり,経済の仕組み,お金とは何か,仕事とは何かなどを学ぶことのできる施設です。

協賛企業は,
 (ア)アイリスオーヤマ株式会社
 (イ)株式会社菓匠三全
 (ウ)株式会社河北新報社
 (エ)クオール株式会社(クオール薬局)
 (オ)株式会社七十七銀行
 (カ)セコム株式会社
 (キ)ゼビオ株式会社(スーパースポーツゼビオ)
 (ク)東日本電信電話株式会社(NTT東日本)
 (ケ)ヤマト運輸株式会社
 (コ)株式会社ローソン
です。

本校の6年生,4名の子供たちは,
 クオール株式会社(クオール薬局)
薬局.jpg













 株式会社七十七銀行
七十七銀行.jpg













 東日本電信電話株式会社(NTT東日本)
NTT.jpg













 株式会社ローソン
ローソン.jpg














で,体験させていただきました。

まず,子供たちは,市役所ブースでの住民登録をしました。
その後,各企業で商品の販売,サービスを提供する仕事等を体験しました。
その報酬として銀行口座を通じて給料を受け取り,お菓子などのショッピングを楽しみました。

それぞれのブースでは,実際にその企業・事業所で勤務していらっしゃる方々から,直接ご指導いただきます。
担当の方々は,子供たちに,普段の勤務の中で大切にしていらっしゃることを伝えたり,仕事について子供たちが自然と考えることができるようにリードしたりしてくださいました。

いつも真剣に物事に取り組む子供たちです。
学校とはちょっと違った緊張感の中,しっかりと活動していました。

新しい体験をすることで,楽しかったと子供たちは口々に感想を述べていましたが,ただ楽しかったのではなく,充実感や成就感・満足感も味わえた体験だったようです。

子供たちは,今回感じたいろいろなことを,今後の学習,生活に生かし,自分の夢の実現のために,更に努力してほしいと思います。
また,我々大人は,子供たち一人一人の夢が実現できるように今後も支援していきたいと改めて感じました。