<< 食育の日 | main | 夏休み前 お話朝会 >>

犬となかよくなろう

5校時に,1・2年生が生活科で「犬となかよくなろう」という学習をしました。

学校に,ラブラドール・レトリバーの「ハンナ」ちゃんがやってきました。
ハンナちゃん.jpg













正しい動物とのふれあい方や命の大切さを学ぶための学習です。
はじまり はじまり.jpg













次のような学習をしました。


1 犬と仲良くなるための3つの約束

3つありますが,分かりますか?
















何でしょうか?





















約束 3つ.jpg













一つ目は,「走らない」
二つ目は,「大声を出さない」
三つ目は,「急にさわらない」

の3つです。
いずれも,犬をむやみに興奮させないようにするための約束ですね。

2 犬のからだについて

歯,耳,目,肉球などについて,獣医師の先生に説明していただきました。

体について.jpg













3 犬との挨拶の仕方

まず,飼い主さんに触っていいかどうか確認することが大切だそうです。
手を差し出すときは,手をグーにして,犬が驚かないようにします。
いきなり頭をなでることはいけないそうです。
あいさつ.jpg













4 犬との触れ合い

ハンナちゃんと,仲良くなってきたので,頭や背中をなでさせてもらいました。
最初は,ドキドキしましたが,あっという間に慣れました。
さわろう.jpg













5 一人歩きの犬にあったら・・・

”木になろう”と教えてもらいました。
そのとき,犬がどんな状態か分からないので,じっとして,その犬が通り過ぎるのを待つのがいいそうです。



最初は,大きな犬に腰が引けていた子供たちも,すぐに仲良くなれたようです。
犬との触れ合いを通じて,犬との関わり方,命の大切さについてたくさん学ぶことができたようです。
また,みんなが,ふんわりと穏やかな気持ちになりました。

ハンナちゃん,獣医師の先生はじめスタッフの皆さん,ありがとうございました。
また,馬場小学校にいらしてください。