<< 民話の会 | main | かみかみこんだて  >>

歯科保健指導 

今日は1・2年生を対象に,歯科保健指導を行いました。

指導は,歯科衛生士さん,本校の養護教諭が行いました。

1・2年生は,”はの おうさま”=6才臼歯や,その奥の奥歯や大人の歯について勉強しました。
s-DSC08836.jpg













6歳臼歯は,乳歯の奥歯のさらに奥から生えてくる永久歯で,6歳ころに生えてくるので6歳臼歯と呼ばれています。
この歯は一番大きく噛む力が最も強い歯なので”はのおうさま”です。
でも,最もむし歯になりやすい歯でもあるそうです。

また,6歳臼歯やその奥の奥歯がむし歯になりやすい理由には

・奥にはえるため,なかなか気づかない。
・完全にはえ終わるまで1年ほどかかる。
・奥にはえるため,歯磨きが難しい。
・歯の溝が複雑になっている。

ということもあるそうです。

ですから,6歳臼歯やその奥の奥歯は,歯ブラシを横からいれて、噛み合わせの面をみがいたり、歯ブラシの毛先を歯にきちんと当てて、細かく前後に動かしながらみがくといいそうです。
s-DSC08837.jpg













2年生は,おやつの選び方についても勉強しました。

そのあとで,歯垢染め出しで,歯の汚れをチェックしました。
1・2年生は,歯みがきのじょうずな子が多かったようでした。
s-DSC08841.jpg













これからもしっかりみがき,”はの おうさま”や奥歯が,むし歯にならないようにしましょうね。

おうちの人にお願い!
歯みがきの仕方を見ていただいたり,仕上げみがきをしていただくことが,低学年のうちは大事ですというお話がありました。
ぜひ,歯みがきの様子を見てあげてください!