<< 業間運動 スタート | main | 防犯教室 >>

馬場の田植踊,滝原の顕拝

今年も,4月29日(祝日),秋保大滝不動尊例大祭で,馬場の田植踊,滝原の顕拝が奉納されました。

いいお天気のもと,たくさんのお客様をお迎えしての奉納でした。

馬場の田植踊
s-DSC07777.jpg













滝原の顕拝
s-DSC07907.jpg













いずれも古くからこの馬場地域に伝承され,大切にされてきた民俗芸能です。
馬場小学校や秋保中学校の子供たちが中心となり,笛,お囃子などは地域の方々が担当していました。

今年は,練習段階からテレビ取材も入りました。
放映は,5月20日(日)12:00から,東日本放送で放映されます。


webページから---------------

http://www.dydo-matsuri.com/

ダイドードリンコスペシャル

伊達に優美に舞い踊る!
〜秋保大滝不動尊例大祭・秋保の田植踊〜(仮)

5/20(日)(仮)12:00〜12:55(仮)
KHB 東日本放送にて放送!

秋保の田植踊。
仙台市太白区秋保町の馬場,長袋,湯元それぞれの地区に伝わる3つの田植え踊りの総称です。
振袖に花笠の早乙女たちが五穀豊穣を願い田植えの舞を舞い踊ります。
主役の早乙女を務めるのは小学校高学年から中学生の女の子,更に秋保の田植踊の特徴の弥十郎(やんじゅうろう)と鈴振りという男の子が加わります。
今回は秋保大滝不動尊例大祭・秋保の田植踊として奉納される馬場の田植踊を中心にお伝えします。
馬場地区では今でも昔のままに早乙女役を地元の小中学生たちが務めています。
他地区から招いていた笛の奏者も今年は久々に地元の子供が務める予定になっています。
番組では,まだ経験の浅い早乙女役の小学生の女の子や久々に笛の演奏を務める地元の男の子に密着。
必死に練習に取り組む姿から祭り当日の晴れ舞台での様子をお伝えします。

--------------------ここまで