<< 桜が満開 | main | 生活習慣指導 >>

朝の読書タイム

毎週木曜日は,8:15から8:30までの15分間を読書タイムとし,それぞれの教室で読書をします。朝の読書タイムは,協働型学校評価目標「読書習慣を身につけよう」に向けての取組の一つです。
教室をのぞいてみました。子どもたちだけでなく,担任も自分の好きな本を読んでいました。先生が本を読んであげているクラスもありました。1年生の教室では,6年生が紙芝居を読んであげていました。
給食時間に読書のことを話題にしてみました。すると,4年生の一人が,「校長先生,ぼく,この頃本を読んでるんだよ。今年の目標は『一週間に5冊読む』にしたんだよ。」と話していました。また,6年生の一人は,「うちではKDD(家族読書デー)をはじめたんだよ。夜8時に家族みんなで集まって,みんなが本を読んでいるんだよ。」と話していました。
昨年から力を入れて指導している読書が,子どもたちにも意識付けられているということを実感することができた出来事でした。

P1070133.jpg





P1070135.jpg





P1070138.jpg





P1070136.jpg