<< 5年生 稲刈り | main | 仙台市小・中学校音楽発表会 小学校の部 >>

秋保環境保全米 稲刈り

5月23日に田植えをした稲の刈り取り作業が行われました。
今年は,夏場に長雨となり,さらに,日照不足も重なり,稲の成長の様子が心配でした。
しかし,そんな天候にも負けず,校地内の稲同様に,森安地区の田でもしっかり育った稲穂が頭を垂れていました。

本来であれば,田植えをした4・5年生が,稲刈りに参加するところですが,明日の仙台市音楽発表会の最終練習や校内行事と重なってしまったために,出かけられませんでした。

4・5年生が田植えをした区画の稲もしっかりと育っていました。

s-DSC05139 田植えしたところ.jpg






s-DSC05152 たわわな稲穂.jpg






その区画の稲は,今日のスペシャルゲスト”むすび丸”がしっかり稲刈りをしてくれました。

s-DSC05146.jpg






s-DSC05148 むすび丸2.jpg






たくさんの方が,今日の稲刈りに集まり,収穫の喜びを共有しました。

鎌を使っての作業でしたが,広い区画だったので最後は機械のお世話にもなりました。
機械で刈ると,あっという間ですね。

米という漢字をばらすと,八十八となり,米はそれだけ手がかかっているので大事にしなければならないとよく言われます。
生産者の皆さんの動きから,一本の稲も,一粒の米も無駄にはしないぞという気持ちが伝わってくるような稲刈りでした。
機械からこぼれた稲もしっかりと拾う姿に感銘しました。

s-DSC05158 無駄にしない.jpg






s-DSC05161 男たち.jpg






s-DSC05169 男たち.jpg






また,数人の生産者の皆さんが一緒になって作業をされている姿に心打たれるものもありました。
この様子を,子供たちに見せたかったと,今日馬場小学校代表で参加した校長先生が言っていました。
何かの機会に,子供たちに働く生産者の皆さんの姿を見せたり,お話を聞かせる機会があればいいなあと思いました。

来年は,田植えをした子供たちが稲刈りにいけるようにしたいと思います。
各事業所,生産者の皆様,ありがとうございました。
おみやげにいただいた新米のおにぎりは,全校児童でいただきました。
香りがよく,甘みもあってとてもおいしかったです。